『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』ユフィ編には新たなマテリアと召喚獣が追加、DLC予定なしなど野村哲也氏インタビュー情報

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが6月10日に発売を予定しているPS5用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』に関する野村哲也氏のインタビューが公開されました。

  • 「ソノン」のデザインコンセプトについて:ソノンはウータイ出身でアバランチに身を置いている。アジア系の容姿だったりアーミー系の服装に甲冑のモチーフを取り入れているのはそのため。軽装で棒術を駆使して戦うのは、ユフィとのバランスを考えた結果。ちなみに、当初はもっと繊細で線の細い美少年の設定だった。
  • プレイヤーが操作するのはユフィだけ。
  • ソノンは自発的に動くモードと、ユフィの指示のもと連携して動くモードを選択できる。戦闘中にL2を押すことで、ソノンとの連携モードを切り替えられる。
  • ユフィの新規エピソードでのみ、新たなマテリアと召喚獣が追加されている。
  • 完結までのロードマップを最優先にしており、DLCの予定は現状なし。もしDLCとして考える必要があるなら完結後。(※ユフィ編はアップグレードの都合上、ユフィの追加部分をDLCという呼び方で分ける必要があっただけ。あくまでもPS5版『FFVII リメイク』を作るという主旨であり、DLCを作るという主旨ではなかった。)

ソース:ファミ通.com