ValveがポータブルPCゲーム機「Steam Deck」を発表

スポンサーリンク

Valveは、ポータブルPCゲーム機「Steam Deck」を発表しました。2021年12月より、アメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで出荷を開始。その他の地域でも2022年に出荷予定です。

スポンサーリンク

ストレージ容量の異なる3モデル

ストレージ容量や付属品の異なる3モデルを用意。なお、モデル間でフレームレートやグラフィックの質など、ゲーム内での差はありません。また、全モデルがmicroSDカードスロットを搭載しており、ストレージ容量の追加が可能です。

  • 64GB($399USD)
    • 64GB eMMC内部ストレージ
    • キャリングケース
  • 256GB($529 USD)
    • 256GB NVMe SSD内部ストレージ
    • 高速ストレージ
    • キャリングケース
    • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
  • 512GB($649)
    • 512GB NVMe SSD内部ストレージ
    • 最速ストレージ
    • プレミアム防眩エッチングガラス
    • 限定キャリングケース
    • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
    • 限定仮想キーボードテーマ

Steam Deck について

世界で最もパワフルなフル機能の携帯型ゲーミングPC

  • AMDと提携し、携帯ゲーミングデバイス向けに最適化されたカスタムAPUを開発。Zen2/RDNA2を搭載し、最新のAAAタイトルの実行にも十分なパワーを発揮。

本物のゲームパッドコントロール

  • ゲームパッド:フルサイズのサムスティックとトラックパッドを搭載。静電容量式タッチセンサーを内蔵し高レベルの精度と快適さを備えたサムスティック。あらゆる入力に対応し、特にドライブゲームでその真価を発揮するアナログトリガー。ユーザーによる割当が可能な4つのグリップボタンを背面に搭載。
  • 7インチタッチスクリーン:7インチの静電容量式マルチタッチディスプレイを搭載。
  • トラックパッド:向上した精度とカスタマイズ性を備えたトラックパッド。
  • ジャイロ:IMUと静電容量式タッチのサムネイルを搭載。デバイスを物理的に動かすことで、サムネイルやトラックパッドだけを使用するよりも精度が向上。

必要なものはすべて揃っている

  • 高速ストレージ:64GB eMMC、256GB NVME SSD(高速)、512GB NVMe SSD(最速)の3つのオプションから選択可能。ストレージ容量はmicroSDカードで拡張可能。
  • Hi-Fiオーディオ:内蔵のDSPは、クリアな音とワイドなサウンドステージを提供。内蔵デュアルマイクでチャットも可能。
  • 40Whバッテリー:大抵のゲームで数時間のプレイが可能。ゲームストリーミング、小規模な2Dゲーム、Web閲覧のような使用の場合、最大バッテリー寿命7~8時間の使用が期待できる。
  • 拡張可能なI/O:1つのUSB-C端子ジャックで、充電、周辺機器、大画面との接続など複数の用途に同時に使用可能。USB-Cハブを使えば、さらに用途が拡大。公式ドックも登場予定。
  • ワイヤレス:Wi-FiとBluetoothを搭載。
  • 高速一時停止/再開:SteamOSには、高速一時停止/再開機能が組み込まれている。電源ボタンを押すと、Steam Deckはゲームを一時停止してスリープモードへ移行。もう一度電源ボタンを押すと、中断したところから再開できる。

PCとして利用する

  • PC用ソフトウェアをインストールしたり、Webを見たり、ストリーミングビデオを見たり、他のゲームストアをインストールするなど、PCとしても利用可能。
  • USB-Cポートはあらゆる種類の入出力に対応。
  • テレビやモニター、さらに適切なケーブルさえあれば古いCRTディスプレイにも接続可能。ドッキングした状態なら、ビデオ、オーディオ、入力をサポート。周辺機器を差し込むか、公式ドックを使えばすぐに使用可能。

ドックについて

  • 別売りの公式ドックは外部ディスプレイ、有線ネットワーク、USB周辺機器、電源に接続可能。手持ちのセルフパワー型USB-Cハブも同時に使用できる。

新しいホーム

  • Steamの魅力を凝縮したまったく新しいホーム画面。

Steamのすべての機能を搭載

  • Steamチャット
  • 通知
  • クラウドセーブ
  • Remote Play
  • ストア
  • コミュニティ

新しいSteamOS

  • Steam Deckでは、デスクトップPCとは異なるOS上でゲームが実行される。
  • Steam Deckを念頭に置いて構築され、携帯型ゲーミング体験用に最適化されたSteamOSの新バージョンを採用。
  • Proton(*)が提供する互換レイヤーは、開発者による移植作業なしでゲームの実行を可能に。(※Windows向けのゲームがLinux上でも動作するよう開発されたツール)また、ベンダーと直接連携してProtonのゲーム互換性、およびアンチチートソリューションサポートを大幅に改善。

ハードスペック

コンピューティング

  • プロセッサー:AMD APU
    CPU:Zen 2 4c/8t、2.4~3.5GHz(最大448 GFlops FP32)
    GPU:8 RDNA 2 CU, 1.0~1.6GHz(最大1.6 TFlops FP32)
    APU power:4~15ワットRAM16 GB LPDDR5
  • RAM(5500 MT/s)
  • ストレージ64 GB eMMC(PCIe Gen 2(1枚))
    256 GB NVMe SSD(PCIe Gen 3(4枚))
    512 GB高速NVMe SSD(PCIe Gen 3(4枚))
    すべてのモデルに高速microSDカードスロット搭載

コントロールと入力

  • ゲームパッドコントロール:A B X Yボタン / 十字キー / L&Rアナログトリガー / L&Rバンパー / 表示&メニューボタン / 割り当て可能な4個のグリップボタン
  • サムスティック:静電容量方式フルサイズアナログスティック(2本)
  • ハプティクス:HDハプティクス
  • トラックパッド:32.5mm触覚フィードバック付き角型トラックパッド(2個)
    Steamコントローラと比較して55%遅延を低減
    クリックの強度を設定できる感圧式
  • ジャイロ:6軸IMU

ディスプレイ

  • 解像度:1280 x 800px(アスペクト比16:10)
  • タイプ:読みやすさを追求した光学結合LCD
  • ディスプレイサイズ:7インチ(対角)
  • 輝度:400 nit(標準)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチ対応:あり
  • センサー:環境光センサー

接続

  • Bluetooth:Bluetooth 5.0(コントローラ、アクセサリ、オーディオに対応)
  • Wi-Fi:デュアルバンド無線Wi-Fi、2.4GHzおよび5GHz、2 x 2 MIMO、IEEE 802.11a/b/g/n/ac

オーディオ

  • チャンネル:没入感のあるリスニング体験を実現するDSP内蔵ステレオ
  • マイク:デュアルアレイマイク
  • ヘッドフォン/マイクジャック:3.5mmステレオヘッドフォン/ヘッドセットジャック
  • デジタル:DisplayPort over USB-C、標準USB-C、またはBluetooth5.0を介したマルチチャンネルオーディオ

電源

  • 入力:45W USB Type-C PD3.0電源
  • バッテリー40Whrバッテリー。2~8時間のゲームプレイ

拡張

  • microSD:UHS-IはSD、SDXC、SDHCに対応
  • コントローラやディスプレイとの外部接続:DisplayPort 1.4付きAltモード対応USB-C:最大8K @60Hz または 4K @120Hz、USB 3.2 Gen 2

サイズと重量

  • サイズ:298mm x 117mm x 49mm
  • 重量:約669グラム

ソフトウェア

  • オペレーティングシステム:SteamOS 3.0(Archベース)
  • デスクトップ:KDE Plasma

公式ドック

別売り。仕様は変更される可能性あり。

拡張

  • 周辺機器:USB-A 3.1ポート(1基) / USB-A 2.0ポート(2基)
  • ネットワーク:イーサネット
  • 外部ディスプレイ:DisplayPort 1.4 / HDMI 2.0

電源

  • 入力:USB-C電源供給パススルー入力
  • Deck接続:ロープロファイル90°コネクター付き6インチUSB-Cキャプティブケーブル

サイズと重量

  • サイズ:117mm x 29mm x 50.5mm
  • 重量:約120グラム

ソース:公式サイト