スポンサーリンク

『KORG Gadget for Nintendo Switch』Joy-Conで操作・演奏やマルチプレイ対応などゲーム感覚で楽しめる音楽制作スタジオが今春配信

コルグは、2018年春に配信を予定しているNintendo Switch用ソフト『KORG Gadget for Nintendo Switch』の詳細を公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『KORG Gadget for Nintendo Switch』について

  • 数々のアワードを受賞した音楽制作ソフト『KORG Gadget』がNintendo Switchに登場。
  • 充実のガジェット楽器やシンプルで使いやすいUIでスピーディな音楽制作が可能。
  • Joy-Conを傾けたり回したり、アクティブに動かして操作・演奏を楽しめる新感覚音楽制作スタジオ。
  • 最大4人で協力して曲作りが行えるマルチプレイモード搭載。HDMI接続すれば、リビングにあるテレビでわいわい遊んだり、プロジェクターを使ったパフォーマンスなども実現可能。

KORG Gadgetの直感的なユーザー・インターフェースを採用

  • 直感的な音楽制作ワークフローを実現するUIをSwitch版でも採用。
  • サウンド、フレーズ、シーケンス、ミックスという4つの工程を分かりやすくレイアウトされており、あらゆる作業が直感的かつシームレスに行える。
  • 曲に合わせたスケールを設定できる「スケール・モード」を搭載。

16個の個性的で強力なシンセサイザー/ドラムマシン・ガジェット

  • 音楽制作に必要な16個ものガジェット楽器を搭載。
  • それぞれ強烈な個性を主張する多数のシンセサイザーに加え、即戦力となるドラムマシンや、バンダイナムコスタジオとの共同開発で生まれた“Kamata”を搭載。
  • 全ガジェットは洗練されたパラメーターで構成され、あらゆる音をスピーディーに作り出すことが可能。

Joy-Conをアクティブに動かして操作・演奏

  • Joy-Conのセンサーによる操作・演奏やHD振動による効果を楽しめる。
  • 例えば、Joy-Conを回すことでガジェットのノブを動かせたり、傾けることでスケールに沿ったノートを演奏・入力することができる。
  • どちらも動きに合わせたHD振動が手に伝わり、従来ソフトウェアにはない手触り感が味わえる。
  • Joy-Conのボタンとスティックを使った演奏・入力にも対応。

みんなで曲作りが楽しめる最大4人まで対応のマルチプレイモード

  • 最大4人まで協力して作曲できるマルチプレイモード
  • 4分割された画面を見ながら、同時にプレイする新しいスタイル。
  • それぞれ担当パートを決めて最後まで仕上げるもよし、対戦型DAWとして相手の書いたノートを消したり、追加したり邪魔をするのもよし、みんなでゲームをプレイする感覚で音楽制作が楽しめる。
  • ローカル通信・インターネット通信には非対応。

リビングでもモバイルでも、場所を選ばずどこでもプレイ

  • Nintendo Switch ドック(HDMI出力)により、大画面でKORG Gadgetがプレイ可能。
  • ライブ会場のスクリーンに出力すれば、Joy-Conを使ったパフォーマンスも可能。
関連リンク

 ・KORG Gadget for Nintendo Switch|公式サイト

Switch
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし