スポンサーリンク

『デビルメイクライ5』8月のgamescomにプレイアブル出展決定。衣装は全て実際に作ったものをスキャンしてモデリングしているなど新情報

カプコンは2019年春に発売を予定しているPS4/Xbox One/Steam用ソフト『デビルメイクライ5』を、8月にドイツで開催されるgamescomにプレイアブル出展すると発表しました。そのほか、カプコンTVで紹介された情報をご紹介します。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

カプコンTVより

  • 顔に仕込んだ関節とブレンドシェイプ(ボーンを使わずメッシュの頂点を動かしてアニメーションさせる技術)を組み合わせてリアルな表情を実現。
  • 伊津野氏率いる大阪の開発チームが手掛ける完全国産にして、『デビルメイクライ4』から10年ぶりの正統続編。
  • 前作に引き続き主人公を務めるネロは、冒頭で悪魔の右腕「デビルブリンガー」をもぎ取られてしまい、代わりに悪魔の義手「デビルブレイカー」を付けて戦う。
  • デビルブレイカーは、掴んで引き寄せるほかにも、ボード型に変形させてその上に乗ったり、大きく展開して雷を発生させるなどのアクションが可能。
  • ゲーム中の衣装は全て実際に作り、それをカメラでスキャンしてモデリングしている。ネロが着ているコートの実物が公開。

  • ヒロイン「ニコ」は、ダンテの愛銃『エボニー&アイボリー』の生みの親ニール・ゴールドスタインの孫娘。悪魔の義手「デビルブレイカー」の製作者で、ネロと一緒に移動式「デビルメイクライ」を運営。
  • 「デビルブレイカー」は非常に壊れやすく使い捨て。手持ちがなくなったらニコから購入する。
  • 8月開催のgamescomにプレイアブル出展が決定。
PCPS4Xbox One
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし