『NieR: Automata』開発中ROMを使った実機プレイ映像が公開!開発陣による興味深いトークも収録

nier-automata_160416

本日開催された『NieR』コンサート&トークライブにおいて、PS4『NieR: Automata』の開発中ROMを用いた実機プレイ映像が公開されました。ディレクターヨコオタロウ氏、プロデューサー齊藤陽介氏、ゲームデザイナーのプラチナゲームズ田浦貴久氏らによる開発秘話なども語られます。

新たに発表された「9S」について、AIが優秀なあまりプレイヤーよりも早く敵を虐殺するうえ、シナリオで会話しなければならないNPCまでも殺しに行くという開発途中ならではのおもしろエピソードも披露。現在は修正されているそうです。また、開発画面で敵を配置して戦う様子も。ヨコオタロウ氏からのリクエストで、弾を飛ばしてくる敵をたくさん配置しニーアらしい弾幕シーンを作り出したり、ステージにそぐわない巨大な敵を配置したりなど、サービス満点です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事