『ペルソナ5』物語のメインとなる場所では自動生成ではなくそれぞれに特色あるダンジョンが用意されることが判明

p5_150205-35

アトラスは2015年に発売を予定しているPS4/PS3用ソフト『ペルソナ5』ですが、ゲーム誌に掲載された橋野桂氏のインタビューよりいくつかの詳細が明らかとなりました。

  • 主人公は春から都会の高校に転入した2年生。
  • 両親の知人宅である喫茶店に住み込んでいる。
  • 主人公はある問題を抱えており、何らかの抗いをしないと困難な未来が訪れるかもしれない立場にある。PVで囚人のような姿になっているシーンは、言うなれば「精神の牢獄」にいるようなもの。
  • p5_150205-23

  • シブヤを始め、大都会の各地が舞台となる。
  • PVのダンジョンは自動生成されたものではない。物語上のメインとなる場所では怪盗が挑むにふさわしい様々な舞台とギミックが待ち受けている。
  • コミュシステムのようなものも存在?
  • 主人公の初期専用ペルソナは「アルセーヌ」。有名な怪盗アルセーヌ・ルパンが由来か?
  • ペルソナ召喚シーンでは、おなじみの「カッ」に代わり「ブチッ」になる模様?
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事