サイバーコネクトツー完全オリジナルタイトル“復讐三部作”『戦場のフーガ』『刀凶百鬼門』『セシル』発表!

サイバーコネクトツーは、これから先の10年を見据えた新プロジェクト「NEXT PLAN」を発表。その一環として、これまでの大規模長期間開発だけでなく、「小規模短期間開発」「短時間クリア」「低価格販売」をキーワードとしたオリジナルタイトル「復讐三部作」をリリースすることを明らかにしました。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

『戦場のフーガ』

戦場のフーガ
『テイルコンチェルト』や『ソラトロボ』の世界観である「リトルテイルブロンクス」20周年記念作品として制作されるタイトルで、戦争×復讐×ケモノがテーマのドラマティックシミュレーションRPGです。シューティングアクションやローグライクの要素も盛り込まれるとのこと。

刀刃百鬼門

刀凶鬼門
女学生×復讐×スチームパンクがテーマの高速パルクール斬撃アクション。機械の心臓を埋め込まれた女学生「陸奥十輪子」が復讐に立ち上がるというストーリーで、横だけでなく奥や手前にもスクロールする加速アクションが特徴とのことです。

セシル

セシル
ゴスロリ×復讐×魔女がテーマの2.5D横スクロール魔女アクション。魔女の儀式で声を失った主人公「セシル」が、姉妹と心臓を奪い合う戦いへ身を投じるというストーリーが展開。セシルは、あらゆる形状に変化する傘を武器として操り戦います。

サイバーコネクトツーは設立20周年を迎え、これから先の10年は、更に強く、更に面白いモノ作り集団へ成長すべく、新たな戦略「サイバーコネクトツーネクストプラン」を始動いたします。新プロジェクトのスタートアップメンバー大募集!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事