『コードヴェイン』拠点の機能やサポートキャラたちの情報が公開!本編に至るまでの歴史も明らかに

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年に発売を予定しているPS4/Xbox One/Steam用ドラマティック探索アクションRPG『コードヴェイン』の最新情報を公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

拠点に集う吸血鬼たち

ルイたちは、古びた教会を改修して活動の拠点として利用している。ルイやヤクモなど、主人公のバディとなるキャラクターはもちろん、彼らの探索をサポートする者たちも集う。

バディとなるキャラクターへ話しかけることで、同行を依頼することができる。また、バディのほかにも、さまざまな形で探索を支援してくれるサポートキャラクターたちが存在する。

仲間を誘うサポートキャラ

拠点内の施設では、アイテムや武器の購入・強化のほか、主人公の衣装や髪型を整えることも可能。

装備品や髪型の変更

サポートキャラクターたち

リン・ムラサメ CV:高田憂希

リン・ムラサメ
武器の調達、強化を主な任務とする吸血鬼。かつては「夜叉」と呼ばれ、部隊を率いるほどの高い戦闘能力を持つ優れた戦士だったが、過去の出来事がトラウマとなり、戦えなくなってしまった。主人公が持つ記憶を垣間見る能力に触れ、自らの過去に向き合うことを望むようになる。

彼女に頼めば、武器や吸血牙装(ブラッドヴェイル)の購入や強化だけでなく、「転成」によって属性を付与したり、重量を軽くしたりと、武器の性質を変化させることができる。

武器屋

ココ CV:森なな子

ココ
物資の取引を生業とするギルドから赴いている吸血鬼。対価さえ払えば、この世界で貴重とされるものでも売ってくれる。商売人でありながら情に厚く、困っている人を放っておけない性格。吸血鬼としては珍しく記憶の欠落が少ないものの、どうしても取り戻したい過去がある模様。

彼女からは探索に使用するアイテムのほか、「嗜好品」と呼ばれる貴重なアイテムも入手できる。

道具屋

イオ CV:Lynn

イオ
主人公と同じく記憶の大部分を喪っているイオ。彼女も拠点に身を寄せ、主人公の帰りを待つ。吸血鬼の記憶の結晶である「血英」に関する知識と修復能力を活かして、主人公をサポートする。

バディやサポートキャラたちの血英を取り戻し修復すれば、彼らの喪われた記憶を蘇らせることができ、特殊能力「錬血」を得ることも可能。

血英

デイビス CV:高橋伸也

デイビス
治安維持部隊「サーベラス」の一員で、ルイたちの拠点に出向いている吸血鬼。幾多の戦いを乗り越えているせいか、生前の記憶のほとんどを喪っている。サーベラスとしての任務の傍らで、一枚の写真に写る、すでに名前すら忘れてしまった女性を探し続けている。

本業は血涙の徴税官だが、赤い霧の発生以降、血涙や資源の新たな入手先を求めて「深層」と呼ばれる区域について調査している。

キャラクターたちとの交流と「親密度」

拠点にいるキャラクターと主人公の間には「親密度」が存在。親交を深めて親密度を高めれば、相手から貴重なアイテムを譲り受けることができる。なお、キャラクターによって譲ってくれるアイテムは異なる。

親密度
親密度が低い時は、汎用的な消費アイテムやジェスチャーなどを譲ってくれる。親密度が高くなると、もらえるアイテムのバリエーションが増加し、時には貴重な強化素材や専用の武器を譲ってくれることもある。ムラサメやココといったサポートキャラたちとも交流可能。

親密度2

『コードヴェイン』の世界の歴史とキーワード

世界の崩壊と吸血鬼の誕生

  • 大崩壊
    突如世界を襲った災厄の通称。審判の棘の発生により各都市の大部分が破壊され、人類の半数近くが命を落としたと言われている。
  • 吸血鬼(レヴナント)の誕生
    世界の崩壊と共に姿を現した、“バケモノ”と呼ばれる異形の存在に対抗するため、人為的に作りあげられた不死の戦士。通常の人間と比較して非常に高い身体能力を持ち、心臓を破壊されない限り霧散して何度でも蘇る。
  • BOR寄生体
    生体器官再生式(Biological Organ Regenerative)寄生体の略称。生体機能を失った屍骸の心臓部に寄生し、自身の血液を全身に流し込むことによって脳を含むあらゆる器官を支配、操ることができる。

    侵蝕レベルを一定の状態に留めるように改良されたBOR寄生体を、死亡した人間の心臓に埋め込むことで、本来の意志を維持しつつ不死の存在となる吸血鬼、レヴナントが生まれた。

吸血鬼の特性

  • 霧化
    吸血鬼の肉体が機能を停止した場合に、心臓に取り込まれたBOR寄生体によって引き起こされる「自己防衛機能」。肉体を形成する細胞を空気中に分散し、再結合することによって肉体を復活させる。
  • 灰化
    心臓に寄生するBOR寄生体を破壊した場合は体細胞が結合崩壊を引き起こし、宿主もろとも灰と化す。この場合、二度と再生できなくなり、吸血鬼は「死」を迎えることとなる。
  • 記憶の欠損
    吸血鬼が死と再生を繰り返す中で体内のBOR寄生体を傷つけてしまった場合、記憶を喪ってしまうことがある。本人は記憶を喪っていること自体にも気づけない。
  • 自我喪失(ロスト)
    吸血鬼の血の渇きが閾値(いきち)を超え、堕鬼に成り果ててしまうこと。一度自我喪失して堕鬼となってしまうと、二度と吸血鬼には戻れない。
  • 堕鬼(ロスト)
    寄生体によって変質した人間。吸血鬼の末路。血への飢えが閾値を超え自我喪失することで、吸血鬼は堕鬼になる。BOR寄生体による侵蝕が加速的に進行し、宿主と細胞レベルでの融合を果たすため、BOR寄生体そのものの破壊、つまり灰化させることが実質的に不可能となる。心臓を破壊されても消滅しない、真の不死のバケモノであり、人だった頃の理性は一切残っていない。

Q.U.E.E.N.(クイーン)計画

吸血鬼の欠陥である「同種への血の渇き」を抑制し、完全なる戦士をつくり出すという目的で進められた計画。あらゆる生命体の血液をBOR寄生体に取り込ませ、同種への血の渇望を分散・抑制し、渇きの症状を抑えることに成功するが、激しい苦痛を伴う何度もの実験に被検体の少女が耐えきれず暴走。クイーン討伐戦に至る。

クイーン計画
クイーンの姿。暴走した際のまま、検査着のような衣服に身を包み、腕には包帯が見える。その体からは吸血鬼の血の渇きを促進させる瘴気が発せられ、マスクなしでは近づくことすら困難。無数の棘を操るその力は強大で、数えきれない吸血鬼が屠られている。さらに、周囲の堕鬼を意のままに操る能力も確認されている。

クイーン討伐戦

暴走したクイーンを討つべく、グレゴリオ・シルヴァの指揮のもと、吸血鬼部隊が人類の存亡を賭けて戦った。兵士として投入されたのは、大崩壊時やクイーンの暴走により死亡した人間からつくられた吸血鬼たち。多くの吸血鬼を生み出す要因となった事件とも言える。また、その後多くの堕鬼が生み出される原因にもなった。

シルヴァの指揮のもとに多くの吸血鬼が生まれ、クイーンに支配された堕鬼との熾烈な戦いに参加した。吸血鬼たちは心臓を破壊されない限り何度でも蘇り、死地へと投入されていく。

グレゴリオ・シルヴァ CV:大塚明夫

グレゴリオ・シルヴァ
元軍人の吸血鬼。大崩壊後、吸血鬼の誕生からクイーン計画まで、人類を救うべく指揮を執ってきた。暴走したクイーンが人類の脅威となると判断したシルヴァは、クイーン討伐のための戦いを起こし、自らも吸血鬼として蘇ってその指揮を執る。

クイーン討伐戦後の統治

クイーン討伐戦後、シルヴァは限られた人間の血と血涙を管理するために臨時総督府を立ち上げ、吸血鬼たちの統治を行なった。その圧政に、反発を抱く吸血鬼も少なくない。

血涙を総督府に納める「血税」の徴収は、力の弱い吸血鬼における奴隷化の一因にもなっている。

残された人間たちも自由を奪われ、厳しく管理されている。吸血鬼たちにとっても、人間の血は貴重。

臨時総督府

クイーン討伐戦以降に設立された、シルヴァが指揮を執る機関の総称。吸血鬼に対する血涙の徴収と分配や、保護シェルターを利用した人間の身柄保護などを行なっている。

治安維持部隊「サーベラス」

シルヴァ率いる臨時総督府に所属する吸血鬼部隊。各地で生活する吸血鬼の活動を監視し、定期的に血涙の徴収と分配を行なう。クイーン討伐戦を生き延びた猛者が多く集い、その戦闘能力は極めて高い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事