レベルファイブ未発売ホラーゲーム『うしろ』を原案とする小説『うしろ ふきげんな死神。』が角川ホラー文庫より本日9月25日発売

ushiro_140925

ushiro_140925

KADOKAWAとフィールズは、レベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』を小説化した『うしろ ふきげんな死神。』を本日9月25日に発売すると発表しました。後藤リウ氏が執筆を、toi8氏がイラストを担当しています。

小説『うしろ ふきげんな死神。』は、レベルファイブが2008年にPSP用ソフトとして発表するも依然として発売されていないホラーゲーム『うしろ』を原案とするホラー小説。2015年1月には第2巻の発売も予定されています。

不思議な道具と能力で、死にゆく魂を捕獲する死神「うしろ」“宇城霊一郎(うしろれいいちろう”と、誰も死なせたくない高校生の“西崎七名子(にしざきななこ)”の奇妙な主従関係が織りなす心霊ファンタジーとして、原作の世界観を踏襲する形で物語が展開します。

KADOKAWAとフィールズは、同作品の小説シリーズ化や他メディア展開において、今後もレベルファイブと協業を継続していくとしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事