『蒼き革命のヴァルキュリア』バトルシステムがよりRPGらしいものに大幅変更。行動ゲージの導入やフィールドエンカウント廃止など

Valkyria-131_R

セガより2016年冬の発売が予定されているPS4用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』。本作のバトルをいち早く体験できる「バトル体験版」が、PS4『戦場のヴァルキュリア リマスター』の特典として付属しましたが、製品版では大幅にシステムが変更されることが判明。これは、体験版ユーザーから寄せられた多くの意見を参考に決定したものとのことです。

  • バトルシステムをよりRPRらしいものに大幅変更。
  • 新たに敵味方全員に行動ゲージを導入し、ゲージが溜まったら行動できるようにした。
  • 兵器や術使用時にプレイヤーが任意で時間を止められるようにした。
  • 仲間のAIをカスタマイズできるようになるほか、直接指示を出すことも可能に。
  • パーティ人数が3人から4人へ。
  • フィールドエンカウントを廃止。
  • ダメージなどをはじめ銃の立ち位置を見直し。

新たな体験版は今夏配信予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事