『ブレイブルークロスタッグバトル』アーケード版が2019年春より稼働決定。家庭用からバランス調整&新キャラの追加も予定

スポンサーリンク

アークシステムワークスは『ブレイブルークロスタッグバトル』のアーケード版を2019年春より稼働すると発表しました。「NESiCAxLive2」「ALL.Net P-ras MULTI Ver.3」の2機種で配信されます。

本作はこれまでの格闘ゲームシリーズで採用されてきた1クレジット1プレイ方式を廃止し、ポイント制を採用。「勝ち抜き」や「対戦数固定」など、選んだルールによって消費ポイントが異なり、自分のスタイルに合った対戦モードが選択できるようになるとのことです。

また、全国3箇所でのロケテストの実施も決定。開催日は2月9日・10日の2日間。場所は東京都「Hey」、愛知県「タイトーステーション フェドラ大須店」、大阪府「タイトーステーション 大阪日本橋店」です。

PS4/Nintendo Switch/Steam版『ブレイブルークロスタッグバトル』からバランス調整を加えた新バージョンとなっており、新キャラクターの追加も予定。なお、アーケード版稼働後に、同一バージョンへの家庭用アップデートを予定しているとのことです。

アーケード版「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」発表映像