ニンテンドー・オブ・アメリカの社長兼COOレジナルド・フィサメィ氏が4月で退職

ニンテンドー・オブ・アメリカの社長兼COOレジナルド・フィサメィ氏が4月15日をもって任天堂を退職することが明らかとなりました。後任はセールス&マーケティング部門の代表であるダグ・バウザー氏が務めます。

2003年12月、米国任天堂の営業担当上級副社長に就任、米国・カナダ・南米での営業活動全体を率いた。2006年5月25日、君島達己に代わって最高執行責任者に昇進、アメリカ人として初めて米国任天堂のトップに立った。説得力のある話し方などから個人的人気を集め、WiiのコードネームであるRevolutionをもじって「Reggielution」という言葉も生まれた[4]。2016年6月から任天堂本社の執行役員を兼務。

Source: Wikipedia