ソニー、PS4に続く次世代ゲーム機について概要を明かす。2019年のリリース予定はなし、PS4後方互換性あり、スペシャライズSSD搭載でロードが超高速化など(更新:ロード比較映像が公開)

海外メディアWiredによると、独占インタビューに応じたマーク・サニー氏がPS4に続く“次世代コンソール”について言及し、その概要を下記の通り語ったとのことです。

  • 2019年にリリースはしない見込み。
  • 噂されていた通り、開発キットは既に配布されている。
  • マーク・サニー氏はPS4に引き続き、次世代コンソールのリードアキテクトを担当。
  • 名称が「PlayStation5になるのか?」という質問に対してマーク・サニー氏は意味深な笑みを浮かべただけだった。
  • CPUは、世界初の7nmコアを使用した第3世代Ryzenを使用。
  • GPUは、AMD Naviと呼ばれる7nmベースのグラフィックチップを搭載。レイトレーシングにも対応。
  • 8K解像度に対応。
  • 既存PSVR機は次世代機でも使用可能。
  • 3D音響にも注力しており、PS3からPS4であまり進化のなかったオーディオ周りも大きく強化される。
  • ストレージはHDDから、次世代機用にスペシャライズされたSSDへ変更され、転送速度が驚くほどに高速化。
  • 次世代機で『Marvel’s Spider-Man』をプレイしファストトラベルを使用したところ、PS4 Proでは15秒かかったのが次世代機ではたったの0.8秒だった。(※この情報を元に制作されたロード時間の比較動画が公開されたので以下に掲載。本当にこの通りだとしたら驚きですね。)
  • ディスクドライブはこれまで通り搭載。
  • PS4と部分的に共通のアーキテクチャを利用しており、PS4と互換性がある。