実写映画『ソニック・ザ・ムービー』公開延期が決定

スポンサーリンク

セガの人気アクション『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実写化したハリウッド映画『ソニック・ザ・ムービー』の公開延期が明らかとなりました。

公開の延期はJeff Fowler監督がTwitterを通じて発表したもので、「ソニックを適切な姿にするにはもう少し時間がかかります」というメッセージと共に、新たな公開日と思われる2020年2月14日という日付を記した看板画像を投稿しています。

『ソニック・ザ・ムービー』のソニックは、原作デザインとの相違点が多く散見されるだけなく、どこか不気味な雰囲気も漂わせており、その姿を目にした世界中のソニックファンは絶句。公式トレーラーには67万にも及ぶ膨大な低評価が付けられたほか、ソニック生みの親である中裕司氏をはじめとした著名人からもそのデザインを危惧する意見が発せられるという事態へと発展。これを重く見たJeff Fowler監督は、ソニックのデザインを変更すると約束していました。