PS4/Switch『Bloodstained: Ritual of the Night』国内パッケージ版の発売が正式発表!

Game Source Entertainmentは、PS4/Nintendo Switch用ソフト『Bloodstained: Ritual of the Night』を日本国内でパッケージ販売すると発表しました。価格5,480円+税です。なお、発売日については言及されていません。(更新:Automatonが問い合わせたところ、国内版はDL版と共に9月上旬の発売を目指して“調整中”とのことです。)

本作は、『悪魔城ドラキュラ』シリーズで知られるIGAこと五十嵐孝司氏がプロデューサー兼ディレクターを務める最新作です。

『Bloodstained: Ritual of the Night』について

「Bloodstained: Ritual of the Night」は、グローバルゲームパブリッシャー505 Gamesにより北米、PCで発売される五十嵐孝司氏制作のゴシックホラー横スクロールアクションRPGです。

「Bloodstained: Ritual of the Night」は18世紀イギリスを舞台とします。超常的な力で悪魔の城が現れ、クリスタルシャードには驚異的な魔法の力が注がれていることが明らかに。ユーザーは錬金術師の呪いによって傷つけられ、体がゆっくりと結晶化されていく主人公ミリアムとして、自分自身と人類を救う為に城を通り抜け、召喚者ゲベルを倒さなければなりません。数々の武器や装備品と戦利品を集めて、召喚者ゲベルと地獄から来た彼の手下やボスを倒す為の戦いが始まります。

ゲームの特徴

  • IGAVANIA LIVES ON – 本作の名高いゴッドファーザーの一人である五十嵐孝司氏は、前作のファンの皆様が十分ゲームを楽しめるよう、新しい横スクロールアクションRPG体験を作り出しました。
  • 広大な/奥深いゲームプレイ – マジックスペルとパワースキルをアンロックしたり、ミリアムの外観を変える数種類の武器や特別なアイテムを見つけたり、作ったり、アップグレードしましょう。自分だけのプレイスタイルを見つけて、多様な装備と能力を組み合わせてみてください。
  • HIGH FIDELITY 2.5 GRAPHICS – 新しいBloodstainedのすべては、プレイするに変化・進化する2D横スクロール環境をベースに、親しく3Dグラフィックでレンダリングされました。
  • 業界伝説クリエイターのオーケストラ音楽 – 山根ミチル氏(「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」など制作)制作の音楽と、山田一法氏(「バイオハザード」など制作)の音楽で、新しいBloodstained音楽は忘れられない体験を提供します。
  • IGA最大規模の城構成 – 新しいBloodstainedゲームの世界地図は、制作者五十嵐孝司氏の制作キャリアで最も大きく広いものであり、彼の独特なスタイルが大好きなファンの皆様には、もっと楽しんでもらうことができると信じています。
  • プレイできる複数のキャラクター – ミリアムのほかにも、プレイ可能な秘密キャラクターが存在します。

「Bloodstained: Ritual of the Night」の詳細は https://www.playbloodstained.com をご覧ください。

日本語版プレイ映像

Bloodstained: RotN Full Gameplay in Japanese Part 1