『サイバーパンク2077』5ヶ月に及ぶ発売延期が発表(※更新:マルチプレイヤー情報追記)

スポンサーリンク

CD PROJEKT REDは、PS4/Xbox One/PC用ソフト『サイバーパンク2077』の発売日を変更すると発表しました。新たな発売日は9月17日となっており、当初予定していた4月16日から5ヶ月にも及ぶ大幅な延期となっています。

CD PROJEKT REDによると、ゲームは完全にプレイ可能な段階にあるものの、まだやるべきことが多く残っているとのこと。大規模なナイトシティには、ストーリー、コンテンツ、訪問できる場所が数多く用意されており、その規模と複雑さが原因で、プレイテストや修正、ブラッシュアップを完了するためにより多くの時間を要すると説明。また、『サイバーパンク2077』を現世代で最高の成果にしたいと考えており、発売を延期することで、ゲームを完璧に仕上げるために必要な貴重な時間が得られるとも述べています。

【更新】
CD PROJEKT REDの共同最高経営責任者 Adam Kicinski氏は、『サイバーパンク2077』の延期に際して行ったカンファレンスで受けた「『サイバーパンク2077』関連以外のAAAタイトルの作業を行っているのか」という質問に対し、「『サイバーパンク2077』と並行して取り組んでいるAAAタイトルは、コードネーム『サイバーパンク マルチプレイヤー』であり、そのリリースは2021年以降になるだろう」と回答しました。(Source: Game*Spark