Xbox Series X|S 下位互換機能の詳細が公開 ─ Auto HDRやフレームレートの向上など

スポンサーリンク

マイクロソフトは、11月10日に発売を予定している次世代Xbox「Xbox Series X|S」の下位互換機能に関する詳細を公開しました。

  • 下位互換性のあるゲームはXbox Series X|S上でネイティブに実行され、CPU/GPU/SSDのフルパワーで動作する。
  • ブーストモードもダウンクロックもなく、すべての下位互換ゲームでコンソールのフルパワーを発揮する。これにより、全てのタイトルは元々の発売プラットフォームよりも大幅に高いパフォーマンス、かつ元々設計されていた最高のパフォーマンスで動作する。また、カスタムNVME SSDによってロード時間が大幅に短縮される。
  • Auto HDRという新機能を導入しており、SDRしか搭載されていなかったゲームへ自動的にHDR機能を追加する。Auto HDR機能は、本来の芸術的な意図を変えることなく、SDRゲームのビジュアルクオリティを向上させる。また、Auto HDRはコンソールのハードウェアによって有効化されるため、CPU/GPU/メモリにパフォーマンスコストが全くかからず、レイテンシが追加されることもない。
  • Xbox Series X|Sは、お気に入りのゲームに次世代のパフォーマンスをもたらす。より高く安定したフレームレートによって、ゲームがスムーズに感じられ、没入感のあるゲームプレイが楽しめる。さらに、一部のタイトルではフレームレートを効果的に2倍にするための新しい方法を開発。ゲームエンジンのレンダリング速度を向上させ、ハードウェアの性能によってオリジナルのゲーム以上の滑らかな体験を提供できる。次に示すように『Fallout 4』のフレームレートは、Xbox Series Sでは30fpsから60fpsに倍増している。
Xbox Series S Backward Compatibility Frame Rate Technical Demo – Fallout 4
  • Heutchy方式による高解像度化(Xbox Series Sは1440p、Series Xは4K)
  • Xbox Series X|Sでは、ほぼ全ての下位互換タイトルで16倍の異方性フィルタリングが可能となり、ゲームが持つ最高のビジュアルを楽しめる。
  • 下位互換性のあるXbox One/Xbox 360/Xboxのゲームディスクを、Xbox Series Xに挿入しインストールするだけですぐにプレイ可能。サインインすると、即座にデジタルライブラリが表示され、ゲーム機にダウンロードできるようになる。外付けドライブにゲームをインストールしている場合は、それをXbox Series X|Sに持ち込むことができる。また、クラウドセーブを使用すれば中断したところから再開できる。クラウドセーブは間もなくすべてのXbox 360ユーザーに無料で提供され、お気に入りのゲームをXbox Series X|Sに簡単に転送できるようになる。