堀井雄二氏、『ドラクエIII』HD-2Dリメイクについてなぜ『III』を選んだのか理由を明かす。『I』と『II』のHD-2Dリメイクにも言及

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」35周年記念特番にて発表された『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』。ドット絵をベースに3D的な効果を加えることで独特の立体感や空気感を演出するHD-2Dは『ドラクエIII』のリメイクには、まさにうってつけの手法であり、多くのファンを興奮させました。

さて、そんな『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』について、番組のMCであるJOY氏から堀井氏へ「なぜIIIをリメイクしようと思ったのか?」という質問が投げかけられました。その後に展開されたトークでは、質問への回答に関連して『I』と『II』のHD-2Dリメイク版制作の意向も明かされるなど、興味深い話が聴けたので、以下にご紹介します。

「なぜIIIをリメイクしようと思ったんですか?」というJOY氏の質問に対して、堀井氏は「今まではIからIIと順番に始めたと思うんですけども、やっぱりIIIが一番思い入れがあったんで、IIIから作っちゃえと。続きとして、このあとI、IIと…もし行ければ行きたい!逆に前はね、I、II、IIIと行って、IIIで意外な展開がありましたよね。逆にIIIから始まって、IとIIをやれば、IIのところで意外な展開も考えてるんで。あ、言っちゃっていいのかな?ここで」と回答。
すると、発言の内容が際どかったのか警告の笛が鳴り響きます。しかし、司会のJOY氏はひるむことなく「じゃあ、IとIIもこういう形で作るの、もう決定じゃないですか。」と追撃。一方の堀井氏は警告にまずいと思ったのか「いやまぁ、作りたいなぁ…と思って」と遠慮がちな反応。しかし、またもや警告の笛が。これを受けJOY氏は「まだ正式には決定してないと。」と空気を読んだ発言…をしたかと思ったら「でもこれ言っちゃった以上やらないと変な感じになりますからね。相当な人が見てますから、証人ですからね。やらなかったら叩かれますよ。やるっきゃないよ。やりましょうね。」と、恫喝になりかねないレベルのすさまじい圧力で堀井氏に迫ります。これには堀井氏も気圧されたのか苦笑い気味に「はい、そうですね」と静かに答えていました。