PS4/Switch『シンスメモリーズ 星天の下で』発売日が9月16日に延期

スポンサーリンク

MAGES.はPS4/Switch用恋愛アドベンチャー『シンスメモリーズ 星天の下で』について、クオリティアップのため、発売日を8月26日から9月16日に延期すると発表しました。

スポンサーリンク

『シンスメモリーズ 星天の下で』について

かけがえのない想い出、またここに・・・

1999年に第1作目を発表し、2018年に幕を閉じた「メモリーズオフ」シリーズ。
シリーズ完結後も、国内外からも多くのファンの皆様より声援を戴きました。
そして、2019年のメモオフ20周年を経て……
現在を舞台とした、新たな恋愛模様を描く完全新作の物語が幕を開けます。
キャラクターデザインは漫画家・イラストレーターとして活躍中のU35氏が担当!
シリーズリスタートに新風を吹き込みます!

「何でも屋」で展開する、継承の物語

大学に通いながら家業の何でも屋「水元堂」を手伝う主人公「隼也」。
彼の心は昨年この世を去った兄「鷹也」に対する想いに縛られていた。
『どうして、俺が生き残ってしまったのだろう?』
そんなある日、一人の少女と出会う。
「あんたが死ねばよかったのに」
兄の死にまつわる因縁が、今、動き出す……。

「大嫌い」から始まる新しい関係……それとも?

隼也の幼なじみで、良き友人。幼い頃から隼也にずっと恋心を抱いている「北條 ちはや」
主人公の前に突然現れる謎の少女「里美 英」
ちはやのお付きで、主人公のもうひとりの幼なじみ「伊勢 陽詩」
主人公達と同じ大学に通う、中国人留学生「黄 春玉」
澄空出身の中堅どころのアイドルだが、現在休業中「大山 優梨子」。
互いの価値観や考えによってで反発し、そして惹かれ合う人間関係!

湘南、そして鎌倉をイメージした舞台

海沿いを主とした、鎌倉~江ノ島の地域をイメージした舞台で展開。
前シリーズ最終作から10年を経てどのように変わっているのか?
引き続き登場のカフェ「YuKuRu」を筆頭として、電車の駅や地名などは前シリーズを引き継ぎます。
新しい風を呼び込む春の風が、新たなシリーズのスタートを奏でます。

オープニングムービー