『ファイナルファンタジーVII リメイク』開発順調、厚みも増加。今は他タイトルのリリースを優先し情報を伏せているが、続報公開タイミングは見据えている ─ 野村哲也氏インタビュー

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスがPS4向けに開発を進めている『ファイナルファンタジーVII リメイク』。先日開催されたスクウェア・エニックスHD株主総会では、橋本氏より「開発順調。確実にマイルストーン通り」という発言がありましたが、電撃PS最新号では野村哲也氏が開発状況について以下の通りコメントしたことが判明しました。

野村哲也氏:誤報もあって不安にさせたが開発は順調で厚みも増している。今情報を伏せているのは開発状況によるものではなく、『KHIII』を含む自社の他タイトルのリリースを優先してのこと。次の情報公開タイミングは見据えているので、もう少々お待ちを。
関連記事
スクエニ株主総会:『FFVIIリメイク』開発は順調、橋本氏「確実にマイルストーン通り」 / 『ドラクエIII』HDリメイクは検討の余地あり(※更新)
スクウェア・エニックス・ホールディングス第38回定時株主総会の参加者レポートより。 開発状況に関するネガティブな推測をされがちな『ファイナルファンタジーVII リメイク』の進捗について、松田社長が「いろいろ言われているが、きっちり進ん...