『ポケットモンスターサン・ムーン』新ポケモン「スナバァ」「シロデスナ」「ヌイコグマ」「バクガメス」「マケンカニ」公開!動画あり

pokemon-sun-moon_160820

ポケモンは11月18日に発売を予定している3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』について、新ポケモン「スナバァ」「シロデスナ」「ヌイコグマ」「バクガメス」「マケンカニ」の情報を公開しました。

スポンサーリンク

新しいポケモン

スナバァ

portrait
分類:すなやまポケモン タイプ:ゴースト・じめん
高さ:0.5m 重さ:70.0kg 特性:みずがため

口で生き物の生気を吸う

トンネル状の口で、人やポケモンの生気を吸う。アローラ地方には、スナバァの口に手を入れる度胸試しもある模様。

怨念のかたまり?

スナバァは、倒れたポケモンなどの無念が砂山に宿って誕生する。砂の塊そのものが、スナバァの正体。

スコップを握ると操られる

うっかりスナバァのスコップを握ると、体を操られてしまう。スナバァは、この力を使って子どもを操り砂を集めさせ、自分の体を大きくする。

スコップをなくすと…

スナバァには、スコップをなくしてしまい、代わりに木の枝や旗などを刺しているものもいる。それらのスナバァは、自分のスコップを探してさまようといわれている。

新特性「みずがため」

スナバァは、これまでどのポケモンも持っていなかった新しい特性「みずがため」を持っている。「みずがため」の特性によって、みずタイプの技を受けると、ぼうぎょが2段階上昇する。

シロデスナ

portrait01
分類:すなのしろポケモン タイプ:ゴースト・じめん
高さ:1.3m 重さ:250.0kg 特性:みずがため

砂の城に擬態する

人間の大人を操り、砂の城を作らせて、擬態の効果と防御能力を高めている。スナバァとは違い、砂が体を離れても、自分で復元できる。

砂の渦で敵を取り込む

シロデスナはポケモンの生気を好み、小さなポケモンを体内に取り込んで生気を奪う。砂の渦で、一気に巻き込む。

スコップがレーダー?

獲物を求めて移動するとき、頭上のスコップが回転する。このスコップには、レーダー機能があると考えられている。

取り込まれたポケモンの怨念が、新たなスナバァになる

シロデスナに取り込まれたポケモンたちの恨みは、シロデスナの通った跡に残る。それが、新たなスナバァを生み出すこともあるといわれている。

ヌイコグマ

portrait01 (1)
分類:じたばたポケモン タイプ:ノーマル・かくとう
高さ:0.5m 重さ:6.8kg 特性:もふもふ/ぶきよう

女性や子どもに大人気!

ヌイコグマは、その見た目や仕草、そしてふわふわで触り心地の良い体毛から、女性や子どもから大人気のポケモン。

触られるのが実は嫌い

ヌイコグマは、実はあまり触られるのが好きではない。抱きしめられると、嫌がって手をじたばたさせる。

小さい体でも力持ち

ヌイコグマは、体は小さいがもともとの力はとても強い。不意に強い一撃を受ければ、鍛えられたポケモンでもノックアウトされてしまう。

バクガメス

portrait (1)
分類:ばくはつがめポケモン タイプ:ほのお・ドラゴン
高さ:2.0m 重さ:212.0kg 特性:シェルアーマー

爆薬の層がある甲羅

火山に生息し、噴火口付近の硫黄などを食べるため、甲羅に硫黄を主成分とした爆薬の層がある。衝撃を受けると、甲羅のトゲから火花を散らし引火、爆発する。

岩に擬態して獲物を待つ

バクガメスは、火山付近の岩に擬態して獲物を待つ。獲物が甲羅に乗ったところを見計らい、尻尾で甲羅をたたき、爆発させる。

お腹の穴から爆風を逃がす

バクガメスは、背中で起こした爆発の爆風をお腹にある穴から逃がす。ここは、バクガメスの弱点で、攻撃を当てられると大きなダメージを受ける。

得意技「トラップシェル」

トラップシェルは、バクガメスだけが覚えることのできる技。ターンのはじめに罠を仕掛けて、そのターン内に相手から物理技を受けると、爆発して相手に大ダメージを与えることができる。

マケンカニ

portrait (2)
分類:けんとうポケモン タイプ:かくとう
高さ:0.6m 重さ:7.0kg 特性:かいりきバサミ/てつのこぶし

てっぺんを取りたがる

マケンカニはとても負けず嫌いな性格で、仲間の中での立場だけでなく、場所の位置取りでも最も高い所を目指す性質を持つ。そのせいか、背の高い人にしがみついていたり、ビルの壁をよじ登っていたりすることもある。無理に引きはがすと、パンチをお見舞いされてしまう。

好物は“きのみ”

マケンカニの好物は“きのみ”。木の幹を殴って揺らし、食べごろのきのみを落として食べる。木の周りに集まり、マケンカニ同士の戦いに勝ったものだけが、食べごろのきのみを食べられる。

硬いハサミで戦う

マケンカニは、ハサミで顔やみぞおちを守りながら相手に接近してパンチを放つ。そのパンチ力は、木の幹すら貫くほどで、殴り合いでハサミが取れてしまうこともあるのだ。そのハサミは美味とされている。

紹介動画


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事