『レイギガント』戦闘システムの詳細が判明!カイル篇のストーリーやキャラ、ギガントの情報も

ray-gigant_150403 (9)

バンダイナムコゲームスは7月30日に発売を予定している、エクスペリエンス開発のPS Vita用RPG『レイギガント』について、カイル篇のストーリーや登場キャラクター、ギガントに加え、戦闘システムの詳細を公開しました。

スポンサーリンク

カイル篇ストーリー

欧州防衛の拠点であるホーリーロック基地。ホーリーロック基地は、軍産複合体によって建設された秘密の研究施設 兼 対ギガント戦基地である。

戦略AI「アニー・サード」によって管理はほとんど無人化されており、同地がギガントによる襲撃を受けて以降、
地域防衛の基地として利用されるようになった。

ホーリーロック基地においてヨリガミ適合者のカイル・グリフィンは、対ギガント戦に従事していた。

カイル篇キャラクター

カイル・グリフィン CV:羽多野渉


2人目の主人公

男性/17歳/イギリス人/身長180cm

強い向上心と高い知能を持つヨリガミの適合者。とある名家の生まれだが、屈折した気難しい性格をしているのは、幼時に母の愛情に恵まれなかったことが原因らしいが…。

コナー・マクブライド CV:新垣樽助

ray-gigant_150403 (4)
カイルの仲間

男性/30歳/イギリス人/身長180cm

かつては特殊部隊に所属しており、各地を転戦していた歴戦の勇士。だが、日常のコナーはそんな経歴を感じさせない親しみやすい性格で、古烏に言わせれば「やる気がない」、「いい加減」な人間という事になる。

古烏リオナ CV:小林ゆう

ray-gigant_150403 (5)
カイルの仲間

女性/16歳/日本人/身長165cm

生真面目な性格の対ギガント戦闘員。休日の密かな趣味はゲームで、レトロゲームを集めている。両親はジャーナリストで、「見たことのない世界を見るため」にギガント戦へと志願したと本人は言っている。

数百メートル級の巨大な怪物“ギガント”

敵は地球の文明や生命を破壊する宇宙からの侵略者。敵となるギガントたちは、巨大なボスから小型の雑魚までさまざまに存在し、それぞれ古の神の獣をモチーフとした姿をしている。古の時代から蘇った「風化感」が特徴的。


戦闘システム

  • 味方は物語の進行に応じた3人のキャラクターによる固定パーティー制。
  • 敵は複数種の個体が同じパーティとして出現する。
  • 勝敗は敵味方どちらか全員のHPが0になることで決まる。
  • バトルシステムは、○△□の3つのボタンに、プレイヤーが任意にコマンドを割り当てて戦う「3コマンドバトル」。
  • 割り当てられる個々のコマンドには、AP(ActivePoint)と呼ばれる行動コストがあり、各コマンド行動をとるたびにAPを消費する。
  • APはパーティ全員で一つの値を共有。そのため、AP量が少ない時はキャラクター全員の行動が制限されるが、逆にAP量が許す限り、どのキャラクターも1ターンに複数回の行動が可能。
  • 戦闘のコマンド入力時に、○△□いずれかの行動を決定すると、画面左にコマンドが予約されていく。左右キーでキャラを切り替え、パーティメンバーそれぞれの行動を予約し決定すればターン行動が開始。
  • APは味方の行動によって減る一方で、敵の行動で回復する。敵味方問わず、大技を使えば、APの消費/回復量はより大きくなる。
  • AP量は戦闘後も引き継がれるため、次回戦闘を見据えた計画も必要。APの増減バランスを考えながら、出現した敵に応じた上手な行動の組み立てを行うとが、本作の戦闘の肝であり面白さとなっている。

3コマンドに関する補足

○△□の3つのコマンドに割り当てる行動には以下の制限がある。
○ボタン:攻撃系の行動から選択
△ボタン:防御・回復系の行動から選択
□ボタン:上記2系統の行動から自由に選択

ACに関する補足

  • APは戦闘以外でも、以下の行動によって増減することがある。

    • 迷宮探索中に罠を踏んでしまった時に減少。
    • イベント中の選択行動によって増減
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事