[訂正あり]『スターオーシャン セカンドエヴォリューション』Vitaで発売決定!

starocean2_141201

【更新:2014/12/02】
情報元としているページの「開発を行ったのは、RPGのリアルタイム戦闘システムで定評のあるトライエース」という文章の頭に、「PS用オリジナル版の」という文言が追記されました。これにより、PS vita版『スターオーシャン セカンドエヴォリューション』の開発をトライエースが行った可能性を指摘する根拠はなくなりましたので、無用な混乱を避けるためにも、記事タイトルより「トーセではなく、トライエースがリメイクを担当?」という記述を削除致しました。この度は誤った情報を掲載してしまい大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

starocean2c_141201


【以下オリジナル記事】
スクウェア・エニックスは、PS Vita版『スターオーシャン セカンドエヴォリューション』を配信すると発表しました。発売日は未定。

『スターオーシャン セカンドエヴォリューション』は、1998年にPS用ソフトとして発売された『スターオーシャン セカンドストーリー』のリメイク版。2008年にPSP向けに発売された『スターオーシャン セカンドエヴォリューション』は、トーセと共同でスクエニ自らが開発を行いましたがPS Vita版はオリジナル版を手掛けたトライエースが開発を担当しているとのことなので、PSP版のベタ移植ではないと思われます。

starocean2_141201
スターオーシャン セカンドエヴォリューションは、1998年プレイステーション版として発売されたスターオーシャンセカンドストーリーのリメイク版です。
開発を行ったのは、RPGのリアルタイム戦闘システムで定評のあるトライエース。
10年以上経った今でもまだ、根強いファンを持つ、SFロールプレイングゲームです。

【訂正:2014/12/01】
「開発を行ったのは、RPGのリアルタイム戦闘システムで定評のあるトライエース」という文章が『スターオーシャン セカンドストーリー』にかかっていても、文脈的には矛盾しないことに気が付きました。

むしろ、『エヴォリューション』にかかっているとしたら、「開発を行った」と過去形になっていることや、オリジナル版を手掛けたトライエース直々のリメイク版に対して「RPGのリアルタイム戦闘システムで定評のあるトライエース」という書き方をすることに大きな違和感を覚えます。

さらに、「10年以上経った今でもまだ、根強いファンを持つ、SFロールプレイングゲームです」という説明が続くことから考えても、「開発を行った~」という文章は『スターオーシャン セカンドストーリー』にかかっている可能性が高いように思われます。

以上の点から、トライエースがリメイクしたわけではない可能性の高さを考慮し、タイトルを疑問符付きに変更させて頂きます。また、文章の読みこみの浅さと勝手な解釈から断言する記事を書いてしまったことをお詫び申し上げます。Vita版『SO2』が発売されることに変わりはありませんが、トライエース純正のリメイク版登場確定に歓喜して記事を読まれた方々を落胆させることになってしまい、誠に申し訳ございませんでした。

関連リンク
 ・ファンタジーアース ゼロ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事