『GE』富澤祐介氏が『テイルズ オブ』シリーズのプロデューサーに。「まずは家庭用に注力」「開発はバンナムスタジオ。シリーズを築き上げた信頼できるメンバー」

スポンサーリンク

『テイルズ オブ』シリーズに関するインタビューがファミ通最新号に掲載されており、その一部が明らかとなりました。

昨日もお伝えしたとおり、『ゴッドイーター』シリーズで知られる富澤祐介氏が『テイルズ オブ』シリーズのプロデューサーに就任。今後は「テイルズオブフェスティバル2018」で発表した家庭用新作も含めて、コンシューマ向けタイトルのプロデューサーとして取り組んでいくとのことです。富澤氏と樋口氏のインタビューは以下へ。

スポンサーリンク

富澤祐介氏、樋口義人氏インタビュー

  • 「テイルズオブシリーズのリマスターやリメイクはリクエストに応じて企画していくつもり」
  • 「(富澤さんは)フェス2018で発表した新作も含め、家庭用での展開において新たなプロデューサーとして取り組んでいく」
  • 「まずは、しばらく出ていない家庭用の1本を出すことに注力する」
  • 「(富澤体制の状況は)何か話せる状況ではない。ただ水面下では一から関わっている」
  • 「開発はバンダイナムコスタジオが担当。シリーズを築き上げた信頼できるメンバー」
  • 「クレストリアには直接関わっていない。オールスター系とは一線を画した完全新作のストーリーでシリーズの入り口になるよう企画されたタイトル」
  • 樋口「僕はほかのタイトルを担当している」