『アストロノーカ』20周年イベント「アストロパーティー2019」開催決定!齊藤陽介氏や森川幸人氏など当時の開発陣が出演。ニコ生配信あり

モリカトロンは、エニックス(現・スクウェア・エニックス)が1998年に初代PS向けに発売した宇宙農家シミュレーション『アストロノーカ』の発売20周年を記念したイベント「アストロパーティー2019」を、来る2019年1月15日、東京・渋谷「LOFT9 Shibuya」にて開催すると発表しました。

イベントには、当時の制作陣であるプロデューサー齊藤陽介氏とゲームデザインを手掛けた森川幸人氏に加え、スクウェア・エニックスのAIリサーチャー三宅陽一郎氏が出演。昨今の第三次AIブームにより遺伝的アルゴリズムを使ったゲームとして非常に注目を浴びている『アストロノーカ』を振り返りつつ、本作の魅力とゲームAIの可能性を語るというメモリアルトークイベントです。

「アストロパーティー2019」イベント概要

開催日時:2019年1月15日(火) 18:00オープン 19:00~21:00予定
場所:LOFT 9 SHIBUYA 東京都渋谷区円山町 1-5 KINOHAUS(キノハウス)1F
http://www.loft-prj.co.jp/loft9/
主催:モリカトロン株式会社
集客予定:105名

※イベントに関して会場への直接のお問い合せはご遠慮ください。
※日程およびイベント内容は、事前の予告なく変更になる場合があります。

出演者

  • 株式会社スクウェア・エニックス
    取締役兼執行役員、「アストロノーカ」プロデューサー 齊藤陽介氏
  • 株式会社スクウェア・エニックス
    テクノロジー推進部リード AI リサーチャー三宅陽一郎氏
  • モリカトロン株式会社
    代表取締役兼 AI 研究所所長 「アストロノーカ」ゲームデザイナー森川幸人氏

チケット販売について

前売り:3,000円(税込) ※要 ーダー500円以上
先行予約抽選開始及び発売場所:e+(イープラス)
URL:https://eplus.jp/sys/main.jsp

前売り券先行抽選予約開始日:2018年12月18日(火)12:00
受付期間2018/12/18(火)12:00~2018/12/25(火)18:00
入金期間2018/12/27(木)13:00~2019/1/4(金)21:00
一般発売日:2019/1/9(水)12:00~

イベント詳細

第1部:アストロノーカをみんなで振り返る(約45分)
出演者:齊藤陽介氏、森川幸人氏

第2部:AIとアストロノーカ(約30分)
出演者:齊藤陽介氏、三宅陽一郎氏、森川幸人氏

第3部:アストロトーーーーーク(約45分)
出演者:齊藤陽介氏、三宅陽一郎氏、森川幸人氏
ゲスト:宮本茂則氏、白佐木和馬氏、野間口修二氏、坂本和也氏、神保直明氏

ニコニコ生放送番組URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv317242189

※この番組の「第3部:アストロトーーーーーク」はプレミアム会員の方のみ視聴いただくことができます。

出演者紹介

齊藤陽介(さいとう ようすけ)

株式会社スクウェア・エニックス
取締役兼執行役員 エグゼクティブ・プロデューサー

「アストロノーカ」がコンシューマゲームのプロデュース第1作目。「ドラゴンクエスト」シリーズでは、2012年8月2日に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」、2017年7月29日に発売した「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でプロデューサーを務め、「ニーア」シリーズのプロデューサーも兼任。2010年「ニーア ゲシュタルト/レプリカント」を、2017年には「ニーア オートマタ」をリリース。2018年度よりスクウェア・エニックス取締役に就任。

三宅陽一郎(みやけ よういちろう)

株式会社スクウェア・エニックス
テクノロジー推進部リード AI リサーチャー
ゲーム開発者/日本デジタルゲーム学会 理事

京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。2004年よりデジタルゲームにおける人工知能の開発・研究に従事。日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員、IGDA日本ゲーム AI 専門部会チェア。連続セミナー「人工知能のための哲学塾」を主催。

著書「人工知能のための哲学塾」(BNN 新社)、「人工知能の作り方」(技術評論社)「なぜ人工知能は人と会話ができるのか」(マイナビ出版)共著「デジタルゲームの教科書」「デジタルゲームの技術」「絵でわかる人工知能」(SBCr)、翻訳監修「ゲームプログラマのための C++」「C++のための API デザイン」(SBCr)、監修「最強囲碁AI アルファ碁 解体新書」(翔泳社)「マンガでわかる人工知能」(池田書店)最新の論文は「大規模ゲームにおける人工知能」(人工知能学会誌 Vol.32, No.2 Web AI 書庫でWeb公開)。講演資料は slideshare を通じて公開している。また人工知能学会「私のブックマーク「ディジタルゲームの人工知能」に寄稿している。

森川幸人(もりかわ ゆきひと)

AI研究家、AI ゲームクリエイター、グラフィック・クリエイター
モリカトロン AI研究所 所長
1983年筑波大学芸術専門学群卒業
モリカトロン株式会社 代表取締役
株式会社ムームー 代表取締役

主な仕事は、ゲームAIの研究開発、CG制作、ゲームソフト、スマホアプリ開発。2004年「くまうた」で文化庁メディア芸術祭 審査員推薦賞、2011年「ヌカカの結婚」で第一回ダ・ヴィンチ電子書籍大賞大賞受賞。代表作は、「アインシュタイン」「ウゴウゴ・ルーガ」(テレビ番組CG)「ジャンピング・フラッシュ」「アストロノーカ」「くまうた」(ゲームソフト)「マッチ箱の脳」「テロメアの帽子」「ヌカカの結婚」「絵でわかる人工知能」(書籍)「ヌカカの結婚」「アニマル・レスキュー」「ねこがきた」など(iPhone,android アプリ)。