Googleがゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」を発表!

Googleが、ゲーム開発者イベント「GDC 2019」にて、ゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」を発表しました。2019年内に米国、カナダ、英国、欧州にてローンチ予定。続報は夏とのこと。

  • 「STADIA」は、スマホやタブレット、デスクトップ・ノートPC、スマートTV、Chromecastなど様々なデバイスでゲームが楽しめるゲームストリーミングプラットフォーム。
  • ゲーム自体はGoogleデータセンター(※19リージョン、58ゾーン、200以上の国・地域に設置されている)で動作するため、ハードウェア性能にとらわれることなくハイクオリティなグラフィックでゲームが楽しめる。
  • STADIAの本体とも言えるGoogleデータセンターに置かれたゲーミング用サーバーの性能は、PS4 ProとXbox One Xを大きく上回る。
  • 4K HDR/60fps、サラウンドに対応。将来的には8K/120fpsに拡張。
  • YouTubeやウェブのゲーミングコミュニティと簡単に統合できるという特徴も。例えば、YouTubeのゲームトレーラーやプレイ動画から「今すぐプレイする」を選択すれば、ダウンロードやインストールを待つことなく即座にゲームを始めることができる。
  • Google製コントローラー「STADIAコントローラ」も発表。Wi-Fiで直接Googleデータセンターにアクセスする仕組みとなっており、接続を切り替えるなどの手間なく複数のデバイスで使用可能。また遅延軽減の効果も。さらに、YouTubeへの映像アップロード機能を持つシェアボタンも搭載。