日本一ソフトウェアの新作『夜、灯す』発表 ─ 女子高が舞台のPS4/Switch用ホラーアドベンチャー

スポンサーリンク

電撃オンラインにて、日本一ソフトウェアのPS4/Switch向け新作ゲーム『夜、灯す』が発表されました。。7月30日に発売予定です。

本作は、大正時代から続く歴史ある女子校・神楽原女学園を舞台に、そこに通う生徒たちが怪事件に巻き込まれていくホラーアドベンチャーです。

スポンサーリンク

『夜、灯す』について

物語

 大正時代から続く神楽原女学園では昔、“疑似姉妹”という少女たちの間で交わす秘め事が存在していたといいます。お互いの一番大事なものを交換し、卒業まで姉妹となる契約を交わす、特別な関係――。

 しかしある日、“疑似姉妹”の契約を交わした2人が心中をし、教師たちはそれを事故死と処理したそうです。

 そして現代。神楽原女学園に通う女の子・鈴たち5人が、奇妙な出来事に襲われていきます。

 コンクール目指して自主練習を始める、鈴たち箏曲(※)部に、ある日転校生の有華が入部してきます。しかし有華は箏曲部の演奏を聴くなり「音楽への侮辱だ」を言い放ち、早々に孤立。

 ※そうきょく。琴日本の伝統楽器“箏”を用いて奏でる音楽のこと。

 部長とともに頭を悩ます鈴でしたが、有華から「旧校舎で話がしたい」とのメモが部長に届きます。しかしその後見つかったのは、旧校舎2階から転落した血まみれの部長の姿でした――。

キャラクター

主人公:十六夜鈴(CV:長野佑紀)
箏曲部のエースで次期部長の明るく純粋でお人好しの少女。夏休みに入って以来、見ず知らずの“お姉さま”を夢に見るようになる。

転校生の皇有華(CV:望月舞衣)
実家は箏曲界有数の家元で、自身の腕も一流。幼い頃に拾ったという、神楽原女学園のことが綴られた日記を大事にしている。なぜか鈴の夢の中に出てくる“お姉さま”と瓜二つ。