ブルームバーグ:PS5初年度生産台数はPS4と比べて少なくなる見込み

スポンサーリンク

ブルームバーグによると、ソニーが2020年の年末商戦期に発売を予定している次世代ゲーム機プレイステーション5の初年度生産台数は、PS4と比べて少なくなる見込みです。

  • サプライチェーンに携わる複数の関係者によると、ソニーは2020年度の生産見通しを500万~600万台と伝えた。一方、PS4の初年度販売台数は750万台だった。
  • これは、本体性能の向上により販売価格が引き上げられる可能性が高く、発売当初の需要が抑制されると見ての判断。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大は、PS5の販促計画に影響を与えているが、生産には影響を及ぼしていない。
  • 新型コロナはPS5の発売日や価格などの詳細計画の公表に影響を及ぼす可能性があるが、現時点でソニーは発売時期の延期を考えていない。
  • PS5のゲーム開発に携わっているソフトウェア開発担当者らは、PS5の価格が499ドル~549ドル(約54,000円~59,000円)程度になると予想している。
Source: Bloobmerg