『ニーア レプリカント ver.1.22474487139…』追加要素に注力、プラチナ田浦氏がアクション部分を厳しくチェックなど(※更新)

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが発売を予定しているPS4/Xbox One/Steam用ソフト『ニーア レプリカント ver.1.22474487139…』の最新情報が週刊ファミ通最新号の開発者インタビューより判明しました。

『ニーア レプリカント ver.1.22474487139…』は、PS3向けに2010年4月22日に発売され、その世界観、魅力的なキャラクター、ストーリー、そして最後に待ち受ける衝撃的なギミックなど話題を呼び多くのコアファンを獲得したアクションRPG『ニーア レプリカント』をベースに、リマスターでもリメイクでもなくバージョンアップさせた作品です。

  • かなり手を加えたので、リマスターじゃない感が出たくらいのアップデート具合。
  • イベント時のカメラワークは同じなので、ゲームの体験としてはリマスターという感じ。
  • 追加要素は全て新規なので力を入れている。
  • オリジナルの少しもっさりしたアクションにも味わいがあるが、ネガティブな気持ちを抱く人がいるなら変えるべき。オートマタのファンが気持ちよく遊べないと駄目。
  • ボイス量が半端ない。
  • 音楽はオリジナル版に比べて生演奏の部分を増やし、歌やコーラスを収録し直してブラッシュアップ。
  • ヨコオDからの要望で楽曲の尺を伸ばしたと岡部氏。追加要素部分では新曲も。
  • 石川由依さんと花江夏樹さんの役はお楽しみに。

『ニーア オートマタ』でゲームデザインを手掛けたプラチナゲームズ田浦貴久氏がアクション部分をチェックするという役割で開発に協力。原作のファンである田浦氏としては原作の手触りを変えたくなかったそうですが、齊藤P、ヨコオD、そして開発会社トイロジックの意向により、大きく変わるとのことです。