セガのAC筐体“アストロシティ”を小型化したゲーム機『アストロシティミニ』12月発売へ ─ 『ゴールデンアックス』や『獣王記』など36タイトル収録予定(※更新:PV追加&予約開始)

スポンサーリンク

セガのアーケードゲーム筐体“アストロシティ”を1/6サイズに小型化したゲーム機『アストロシティミニ』が、2020年末12月に発売予定であることが判明 (※こちらのソースによると、Game Watchが誤ってインタビュー記事を早期公開してしまった模様)しました。価格は12,800円+税。

※更新:『アストロシティミニ』が正式発表。発売時期は12月予定。あわせて公開されたPVを掲載しました。

【アストロシティミニ】セガ・アーケードの伝説を手のひらサイズに!!僕らの青春と当時の興奮がよみがえる!|セガトイズ

セガのアーケードローンチタイトルである『エイリアンシンドローム』『エイリアンストーム』『ゴールデンアックス』『ゴールデンアックス デスアダーの復讐』『コラムスII』『ダークエッジ』『タントアール』『バーチャファイター』『ファンタジーゾーン』『獣王記』を含む36タイトルが収録。

本体背面には、HDIM出力、Micro-USBポート、USB Type-Aポート×2、ヘッドフォンジャックを装備。アーケードジョイスティックに加え、別売りコントロールパッド(価格:税込3,058円)も使用可能とのことです。

実機写真

公式サイト:『アストロシティミニ』