『幻想水滸伝』に何やら動きが…?生みの親・村山吉隆氏が過去の資料を掘り出し公開「新たなチャレンジをようやく報告できそうな予感」

スポンサーリンク

コナミ往年の名作RPG『幻想水滸伝』『幻想水滸伝II』を手掛けたクリエイター村山吉隆氏が、自身のTwitterで「新たなチャレンジについて、そろそろようやく報告できそうな予感をやや感じつつあります」という意味深なツイートを投稿しました。

これだけだとニュースとして取り上げるには弱いのですが、同氏は約1ヶ月前に「いろいろと理由があって過去の資料を(物理的に)掘り起こして確認中」ツイートしたことに加え、7月16日と7月20日には『幻想水滸伝』の過去の資料をFacebookで公開村山氏のFacebookはこちら)したのです。

これら一連の動きは、『幻想水滸伝』に何かしら動きがあると予感させるには十分ではないでしょうか。村山氏の今後の動向に注目したいと思います。