『高機動幻想ガンパレードマーチ』20周年企画は色々と動いている ─ 芝村裕吏氏がツイート

スポンサーリンク

アルファ・システム開発の初代PS用ゲーム『高機動幻想ガンパレードマーチ』が本日9月28日、発売20周年を迎えました。本作のゲームデザインを手掛けた芝村裕吏氏は、自身のTwitterにて「(ガンパレ20周年の)企画は色々動いてます。くわ。このご時世で軒並み遅れてるんですが。」ツイートしており、20周年企画の存在を明らかにしました。

本作は、謎の生命体「幻獣」との絶望的な戦いに動員された学徒兵の一員となり、学生と兵士としての二重生活を営みながら生き残ることが目的のシミュレーションゲーム。幻獣を撃退する戦闘パートと、仲間たちと愛や友情を育む学園パートで構成されており、生き残りさえすれば何をしてもいいという自由度の高さなどが話題となり、口コミによって人気が高まった作品です。