Switch『バロック -ORIGINAL VERSION-』11月12日リリースへ ─ 様々なスペシャルコンテンツを収録するほか、新機能「いつでも手動セーブ」を搭載

スポンサーリンク

スティングは、Nintendo Switch用ソフト『バロック -ORIGINAL VERSION-』を11月12日にリリースすると発表しました。価格は2,400円(税込)ですが、予約期間は15%OFFの2,032円で購入可能です。

本作は、1998年発売のセガサターン用ソフト『BAROQUE』を完全移植した作品で、オリジナル版のバロックを当時のまま楽しむことが可能。その一方で、本編の中断セーブとは異なる「いつでも手動セーブ」機能を搭載しており、より気軽に楽しむことができます。

また、オリジナル版の発売当時に配布された非売品ソフト「BAROQUE-REPORT-」を収録しており、紙媒体で配布されていた「バロックリポート」も閲覧可能。さらに、『BAROQUE~歪んだ妄想~ Black in truth&BAROQUE FOR Wii』のオープニングムービー2本を収録し、画面サイズや壁紙などを選択して画面をカスタマイズできる機能も搭載しています。詳細は次の通りです。

ダークファンタジーRPGバロックが超完全移植版としてNintendo Switch™に登場!本作は1998年に発売したオリジナルバージョンのバロックがそのまんまプレイできます。

◆ゲームの特徴
新たにプレイするたびに、新たなる展開や発見がある多層的な物語のアクションRPG。何もかもが歪んでしまった世界で主人公は罪を癒すため、神経塔と呼ばれるダンジョンに挑みます。

◆追加要素の特徴
ゲーム本編以外にもコンテンツをご用意!
非売品ソフト【BAROQUE-REPORT-】を収録!さらに紙媒体で配布されていたバロックリポートも閲覧可能!

◆その他の追加要素
・BAROQUE~歪んだ妄想~ Black in truth&BAROQUE FOR Wii のオープニングムービー2点を収録!
・画面サイズや壁紙、透過メッシュ、スキャンラインなどお好みの画面にカスタマイズして遊べる画面設定機能搭載!
・本編の中断セーブとはまた別のいつでも手動セーブ機能を搭載!

◆ストーリー
いまからおもえば、あの事件が大熱波の予兆だったのだ
西暦2000年がすぎても、世紀末の予感は消えなかった。 奇怪な事件が多発。 異形と呼ばれる化け物が人を殺しているといううわさが絶えない。 不気味な新興宗教が勢力を増す。平均寿命は恐ろしく低下。異常犯罪が多発。 そして、巨大な災害が地球を襲った。 残された者が大熱波と呼んだ災害。 それは、かつて経験したことのない災害だった。 歪み、ねじれ、崩れていった。 人は人でなくなり、すべてが歪んでいった。
世界は崩壊した。

どうすればぼくのつみはゆるされるのだろう

主人公は記憶をなくし、罪の意識だけを感じ続けている。 翼をつけた男が言う。 おまえの罪は世界を癒すことによって、許される。 罪を癒すために、世界を癒すために、 主人公は、神経塔へとむかう……。