『サイバーパンク2077』発売日が12月10日に変更 ─ マスターアップ報告からまさかの再延期

スポンサーリンク

CD PROJEKT REDは、11月19日に発売を予定していたPS4/Xbox One/PC用ソフト『サイバーパンク2077』について、発売日を12月10日に延期すると発表しました。

『サイバーパンク2077』の発売日を2020年11月19日から2020年12月10日に変更することをお知らせいたします。

まずは発売をお待ち頂いていた皆様に、心よりお詫びを申し上げます。弊社が現在直面している最大のチャレンジは、本作を現行機・次世代機・PCの全プラットフォームで同時に発売するにあたって、合計9個のバージョン(Xbox One/X、Xbox Series S/Xとの互換性、PS4/Pro、PS5との互換性、PC、Stadia)でテストを行い、クオリティアップさせる必要があること、そして弊社のスタッフがそれぞれ在宅勤務しながらその作業を行っていることです。これまでの開発期間を経て、『サイバーパンク2077』が次世代機と同じタイミングで発売されるタイトルとなった結果、あらゆるプラットフォームでスムーズにプレイできるようにするための調整が必要になりました。本作ほど膨大かつ複雑なゲームにおいて、わずか21日間で何が変わるのか、とお考えになる方もいらっしゃると思います。しかし、この期間を最大限に活かすことで、より良い体験を皆様にお届けできると強く信じています。

少し前にマスターアップを報告したため、「マスターアップしたのにどうして再延期?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。「マスターアップする」ということは、ゲームの出荷準備ができており、クリアすることが可能で、すべてのコンテンツが実装されている、ということを意味します。しかしそれは、品質のレベルをさらに向上させるための開発作業をやめる、ということを意味しているわけではありません。むしろ、今この期間にもゲームには多くの改善が行われ、その内容はDay0パッチで配信されることになります。今回、この期間を短く見積もりすぎてしまいました。

我々は素晴らしいゲームを皆様にお届けできると確信しており、最終的に誰もが夢中になれるような作品を作るためであれば、それがどんなに困難な決断であっても厭いません。発売まで今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。

アダム・バドウスキ&マーチン・イウィンスキ