ユービーアイソフト、『アサシンクリード シンジケート』をはじめ9本のPS4ゲームはPS5との互換性なしと発表。その後、「不正確な情報が含まれている可能性」を理由に一旦取り下げ

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、公式ブログ Ubisoft Connect の最新投稿にて、『アサシンクリード シンジケート』や『アサシンクリード クロニクル』シリーズをはじめとする同社PS4タイトルについて、PS5との互換性がないと発表しました。しかしその後、同社は突然ブログ記事を削除。この理由について問い合わせたメディアに対して「不正確な情報が含まれている可能性があるため、当面の間、Ubisoft Connectの記事とフォーラムの投稿を削除しました」と返答しました。

削除されたブログに記載されていたPS5との互換性がないとされるタイトルは次の通り。これらは、SIEが公開している非対応タイトル一覧(※国内版はこちら)には含まれていません(※ただし「非対応タイトルリストは変更される可能性がございます」との注釈があります)。

  • Assassin’s Creed: Syndicate
  • Assassin’s Creed: Chronicles Trilogy Pack
  • Assassin’s Creed: Chronicles India
  • Assassin’s Creed: Chronicles China
  • Assassin’s Creed: Chronicles Russia
  • Risk
  • Star Trek: Bridge Crew
  • Werewolves Within
  • Space Junkies.

PS Storeにて『アサシンクリード シンジケート』と『アサシンクリード クロニクル』の商品ページを確認したところ「このゲームをPS5でプレイすると、エラーが起きたり、予期しない動作が生じたり、PS4で利用できる機能の一部がPS5では利用できない可能性があります。このゲームをPS5でプレイするにはシステムソフトウェアを最新バージョンに更新してください。」という記述がありました。

この記述は『New みんなのGOLF』や『リトルビッグプラネット3』などSIEの一部タイトルでも確認できます。

一方、『アサシンクリード オリジンズ』と『アサシンクリード オデッセイ』は、「このゲームをPS5でプレイするには、システムソフトウェアを最新バージョンにアップデートしてください。このゲームはPS5でプレイできますが、PS4で利用できる機能の一部はPS5では利用できない場合があります。」という記述でした。

ソース:Gematsu / VGC