『黎の軌跡』新メインキャラ「リゼット・トワイニング」「カトル・サリシオン」情報公開。戦術オーブメント「Xipha(ザイファ)」の詳細も

スポンサーリンク

日本ファルコムが2021年に発売を予定している軌跡シリーズ最新作『英雄伝説 黎の軌跡』最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

新たなメインキャラクター

リゼット・トワイニング

《マルドゥック総合警備会社》のサービスコンシェルジュを務めるメイド姿の女性。20歳。

淡い碧色の髪をなびかせたクールな美人だが、人当たりがよく何事にも丁寧な物腰で対応し、ちょっとした茶目っ気を見せるユーモアも持ち合わせている。

楚々そそとした外見とは裏腹に超人的なスピードとパワーを秘めており、その戦闘能力は一線級の猟兵さえも上回るほど。

裏解決屋スプリガン》のヴァンには社外テスターとして専用武器や《Xiphaザイファ》の専用アプリを無償提供しており、定期的に使用状況の査定を行うといった極めてビジネスライクな関係を築いている。

使用武器:拳銃&ブレードギア
所属:民間軍事会社マルドゥック社(サービスコンシェルジュ)
身長:167cm

カトル・サリシオン

15歳にしてバーゼル理科大学の修士課程にある、年若き研究者。

銀髪を切りそろえ、少女のように整った顔立ちで、どこか他人を寄せ付けない雰囲気を持っている。

専門は新型戦術オーブメント《Xiphaザイファ》規格のAIをベースとした《導力ドローン》の研究開発と運用だが、物理工学・生体工学などの研究室の助手も務めており、理科大学の象徴ともいうべき天文台にも思い入れをもつ。

幼少時にとある事情で共和国の導力革命の母、ラトーヤ・ハミルトン博士に引き取られ、以後彼女を実の祖母グランマのように慕い、自身も研究者としての道を志すようになった。

使用武器:パルスガン&導力ドローン
所属:バーゼル理科大学(修士課程)
身長:162cm

戦術オーブメント《Xipha》(ザイファ)について

第六世代の最新戦術オーブメントとなるザイファは電子装片シャードと呼ばれるエーテルの欠片を使用者の周囲に展開し、それを制御することでさまざまな機能を発動させることができる。

また、ザイファ全体の基本性能を左右する「ホロウコア」、複数のアーツがインストールされた「アーツドライバ」、クオーツの属性値に応じて発動する特殊効果「シャードスキル」など、プレイヤーの能力を上昇させる様々な新機能が盛り込まれている。

プレイヤーの能力を上昇させる様々な新機能を搭載

ホロウコア

「基礎アーツ攻撃力」「基礎EP」「Sブースト特性」の3要素を持っており、ザイファ全体の性能に大きな影響を及ぼす。

AIを搭載した「ホロウコア」にはナビボイスの機能が実装されている。戦闘や移動シーン、クエストなど、様々な場面で音声によるガイドでサポート。「ホロウコア」の種類に応じて音声や話し方が変化する。

アーツドライブ

複数のアーツがインストールされており、このドライバをザイファに組み込むことでアーツが使用可能に。高レベルの「ホロウコア」と組み合わせることでドライバの性能が引き出され、より強力なアーツを発動可能になる。

また、あらかじめインストールされているアーツのセットとは別に、カスタム可能なスロットも。不足している回復/補助系のアーツを補ったり、さらに強力な攻撃系アーツを追加するといったカスタマイズも自由自在。

シャードスキル

中央の「ホロウコア」からは「ウェポン」「シールド」「ドライブ」「EXTRA」という4本のラインが伸びている。このラインにセットしたクオーツの“属性値”によってシャードが展開し、戦闘中に様々な特殊効果「シャードスキル」が発動する。「シャードスキル」は、その性能に応じて必要となる属性値の種類、数値が決まっている。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク