『真・三國無双8 Empires』追加武将なし、オープンワールドはサブ要素に、エディット機能は『仁王2』のキャラクタークリエイトシステムを採用など最新情報が判明

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスが2021年に発売を予定している『真・三國無双8 Empires』(PS5/PS4/Xbox Series/Xbox One/Switch/PC)の最新情報が判明しました。

スポンサーリンク

『真・三國無双8 Empires』最新情報

  • 『真・三國無双8』までに登場した94名が参戦。今作では汎用武将約700名も操作可能。新武将は登場しない予定。
  • 『8』とは違いオープンワールド要素はない。中国大陸を俯瞰で眺めながら戦略フェイズで攻める拠点を決め、巨大な城や周囲でバトルを繰り広げる。
  • 城攻めが完了すれば開門。残った武将や総大将と戦う決戦モードへ突入。
  • 「兵科相性」:武将らをどのルートから攻めさせるか、といったこれまでの戦略要素はなし。
    武将ごとにある兵科(属性)は歩兵・騎兵・弓兵の3すくみがあり、どの武将をどの武将と戦わせるのかを考えながら&指示を出しながら進軍。
  • 「作戦秘計」:前作の大規模秘計を発展形。事前の軍議で用意する。
  • 内政も健在。今作では中国大陸を散策できる『8』のオープンフィールドを採用。武将の登用(武将の居場所を聞いて登用に向かう、など)や親交を深めることもできる。

プロデューサー鈴木亮浩氏インタビューより

  • オープンワールドは採用しない予定だったが、希望する意見が多くサブ要素として導入。武将を探しての登用などはテンポが悪くなるので、この要素を重視することは極力抑えている。
  • 決戦モードはほとんどご褒美タイム。ただし、細い針に穴を通すような開門では敵戦力が多いまま決戦モードに突入することになるため、逆にチャレンジタイムになる。
  • (今作で追加武将が登場しないのは)登場武将を増やしすぎたから。1武将ごとに深みを持たせる方向性に。
  • もちろん次回ナンバリングを作るのなら増えるかも。
  • エディット機能は続報をお待ちを。仁王2のキャラクタークリエイトシステムを採用している。それくらい自由にエディットできる。(※エディット機能を確認できるPVはこちら

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク