郷愁に駆られる日本の田舎を舞台に幻想的で切ない物語を描くADV『NOSTALGIC TRAIN』6月13日リリース決定!

スポンサーリンク

個人インディーゲーム制作者の畳部屋が送るSteam用ソフト『NOSTALGIC TRAIN』が6月13日にリリース決定。価格は2,000円(税込)です。

本作は、日本の田舎を舞台に展開するミステリアスなウォーキングシミュレーター。Unreal Engine 4を使って緻密に制作された田園風景が広がる懐かしくのどかな町並みを一人称視点で散策し、消えてしまった人々と記憶を失っている自身の謎を解き明かしていきます。なお、舞台となる架空の町「夏霧町」を自由に歩き回れるフリーモードも収録されており、郷愁感に溢れる田舎の風景を存分に味わうことができます。

NOSTALGIC TRAIN 発売日告知トレイラー

眩しくて目が開けられない。 セミの声と湿度の高い空気に全身が包まれる。微かに交じる潮風の匂い。
古い駅舎の木のベンチに座っている。
ここはどこだろう、何をしていたのだろう……。

懐かしいような田舎の風景。
「夏霧」と書かれた駅。
単線の鉄道。
光の中から放り込まれたように目を覚ました私は、記憶を失っていた。
不思議なことに、この見知らぬ土地には誰の姿も見当たらないのだった……。

UE4で制作された日本の田園風景の中で、
見えなくなった夏霧の人々と「私」の謎を解き明かしていく少し切なく幻想的な一人称視点ADV / ウォーキングシミュレーター。

ストーリーモード「旅の終わりに二つのゆらめき」と
夏霧の世界を自由に歩き回ることができるフリーモードを収録。

個人インディーゲーム制作者 畳部屋がお送りする
物語と景色の織りなす幻想世界の中にあなたもゆったりと浸ってみませんか。