任天堂、映画事業に参入へ ─ 第1作は2~3年後の完成を目指す

nintendo_151028

任天堂の君島達己社長が朝日新聞のインタビューに対して、映画事業に参入するため、世界の複数の製作会社と提携交渉を行っていることを明らかにしました。

  • 国内だけでなく、世界市場を意識。
  • シアトル・マリナーズの所有権売却で得た資金の一部を投資する方針。
  • 第1作は2~3年後の完成を目指す。
  • 映画に限らず、家庭向けビデオ作品の販売も検討。
  • IPに触れる人の数を増やすことが狙い。ただし「単なる宣伝費では困る」。ビジネスとして成り立つものに。
  • 映像には「人気のあるIPを使っていきたい」。実写にはならない。
  • ゼルダを映画化したいという要望が多い。

関連リンク
 ・朝日新聞

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事