[更新]任天堂が次世代携帯ゲーム機「MH(仮称)」を開発中?

nintendo

任天堂は2017年3月に次世代ゲーム機「NX」を発売予定ですが、それとは別に次世代携帯ゲーム機「MH(仮称)」なるものの存在が浮上しました。

以下、総合投資情報サイトのトレーダーズ・ウェブより。

★9:18  任天堂-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 長期投資対象
 任天堂<7974.T>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、中期利益成長ストーリーの新けん引役を次世代ゲーム機に変更。長期投資対象として、投資判断「Overweight」を継続した。目標株価は34000円→32200円と引き下げた。
 為替前提の変更などで、今17.3期~20.3期予想を下方修正。中期の利益成長ストーリーの内容を変更。けん引役は、従来の「健康サービス、テーマパーク、モバイルゲーム」などの新規事業から、次世代ゲーム機「NX」や次世代携帯ゲーム機「MH(仮称)」に切り替えるとしたが、中期の成長シナリオは変更ないとした。
 今後予想される、NXとMHの全容発表による収益インパクトの新規の織り込みや、モバイルゲームの収益化に対する懐疑的な見方の払しょくが実現すれば、株価が大きく再評価される可能性が高く、長期投資を前提に、今がエントリータイミングと考えるとした。

ネット上では、降ってわいたような情報に困惑する人が多数。記者の勘違いではないかと指摘する声もありますが、真相やいかに。

【更新】
三菱UFJモルガン・スタンレーによるレポートの内容が判明し、次世代携帯ゲーム機「MX(仮称)」が同社による推測の産物であったことが判明。過去の携帯ゲーム機の発売サイクルや3DSが衰退期を迎えているという状況を鑑みた結果、そろそろ次世代携帯ゲーム機が登場するはずということのようです。「MX」という仮称も同社が勝手に名付けたものでした。このような分析は投資家向けレポートにはよくあることなのだそうです。

関連リンク
 ・トレーダーズ・ウェブ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事