9人の主人公が紡ぐ新作RPG『アライアンス・アライブ』続報。主人公たちのプロフィール、「閃き」や「覚醒」といったバトルシステム情報が判明

alliancealive_161017

フリューが2017年春に発売を予定している3DS用ソフト『アライアンス・アライブ』の詳細情報が明らかとなりました。

スポンサーリンク

アライアンス・アライブについて

本作は、数百年にわたる魔族支配の結果、いくつかのゾーンに分断され独自の文化が形成された世界を舞台に、支配に抗おうとする人間たちの活躍を描くRPG。主人公は全部で9人おり、それぞれ異なる目的で冒険を開始するものの、やがて合流しひとつの目標に向かって共に進んでいくこととなります。開発は『レジェンドオブレガシー』を手掛けたキャトルコールです。

主人公たち

  • ガリル
    レジスタンス”夜鴉”に所属する少年。温和な性格だが芯が強く情熱的。
  • アーシュラ
    夜鴉に所属するブロンドヘアの少女。さっぱりした性格で本音しか言わない。いつもガリルを振り回している。
  • バルバローザ
    夜鴉に所属する妖魔の戦士。その昔、アーシュラの父に命を救われてから忠誠を誓っている。
  • ビビアン
    魔族の一貴族の娘。歴史学者であり人間の世界に興味を持っている。おっとりした性格。
  • イグナス
    ビビアンに仕える魔族の執事。規律や階級を重んじる魔族らしい性格。
  • レイチェル
    印術ギルドに雇われている傭兵。人情に厚く思い立ったらすぐ行動に移す性格。
  • レンツォ
    夜鴉に所属するせいねん。情報通。楽天的な性格だが冷静に物事を見据える目を持つ。
  • ジーン
    魔族に従属する組織印術ギルドの術師。物事を俯瞰で見る性格で直情的な行動はとらない。
  • ティギー
    黒き流れの研究をする少女。教授を自称し様々な発明品を生み出している。

開発者インタビューより

  • 他社では作れない、それでいて世の中から望まれているものをリサーチした結果「ストーリーとゲーム性のバランスが取れたRPG」という結論に至った。
  • あえて時代に逆行してワールドマップの表現にこだわった。実際に歩き回ることで頭の中に全体図が浮かんでくるような昔ながらのワールドマップを作りたかった。
  • 町とダンジョンの距離や発生する戦闘の回数など、ストレスに感じず程よく満足感を得られるように調整している。
  • 行動範囲が広がる乗り物も登場する。
  • 戦闘中に新しい技を閃いたり、ステータスがアップ(覚醒)する要素を導入。
  • 戦う敵が強いほど能力の伸び率が上がる。成長度をさらに高める要素も。
  • パーティーは最大5人で陣形の要素あり。
  • パーティー強化要素として「ギルド」というシステムを用意。

開発スタッフ

■プロデューサー・ディレクター:松浦正尭
■シナリオ:村山吉隆
■ゲームデザイン:小泉今日治
■アートディレクター:浅野雅世
■コンポーザー:浜渦正志
■キャラクターデザイン:平尾リョウ
■開発:キャトルコール

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事