[更新:詳細追記]坂口博信氏の新作は『テラバトル2』&『テラウォーズ』の2タイトルと判明!

坂口博信氏率いるミストウォーカーの最新作が、『テラバトル2』であることが先出しファミ通にて発表されました。ファミ通の記事題名には『テラウォーズ』なるタイトル名も書かれているほか、坂口氏が構築する“テラ・ワールド”自体が最新作になるという謎めいた情報も。詳細が分かりしだいお伝えします。

【更新】
詳細が明らかとなったので以下に追記しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

テラバトル&テラウォーズについて

『テラバトル2』のプラットフォームは、PC/iOS/Android。シリコンスタジオと共同開発したタイトルで、植松伸夫氏による新曲20曲を収録。
プレイヤーキャラ自体は成長せず、武具などえキャラを強化していく。おともは4体まで。

『テラウォーズ』2017年リリース予定。テラバトルのキャラがクレイ人形に。1キャラを8方向から2000枚くらい撮影した画像データを使って動いているように見せる。詳細は『テラバトル2』リリース後に。

坂口博信氏インタビュー

  • ”テラ・ワールド”を構築したい。『テラバトル2』『テラウォーズ』はテラバトルと根底とするコンセプトを同じとしながら、世界観やシナリオが全く違う新システムを導入した作品群になる。
  • FFシリーズにも共通したナンバリングの仕方で、同じ幹と同じ匂いを持ったものにしたい。いつか引退するその日まで”テラ・ワールド”を拡張し9作くらいは出したい。
  • 『テラバトル』は、ナンバリングごとに世界観やシナリオ、キャラはまるで違うが、物語の幹は同じ。そんなFFライクな味付けをしようと考えている。システムやシナリオもFFのジョブチェンジのように徐々に変化していき、3作目以降へ繋げていきたい。
  • 『テラバトル1』は、今後もサービスを継続する。6月末の大型アップデートは去年の夏に匹敵する内容。
  • 『テラバトル2』は、絵・音・シナリオはミストウォーカー、プログラムや素材はシリコンスタジオが担当する共同作品。
  • 『テラバトル2』は、プレイヤーキャラクターに成長要素はなく、代わりに装備品や守護者といった要素で強化する。プレイヤーキャラーはシステム内の一切の課金要素から切り離された存在。
  • 『テラバトル2』は、シナリオと世界観に力を入れた。ストーリーを50章構成で考えており、例えば毎週金曜日に1章ずつ追加するといった、テレビドラマのような形で配信していきたい。
関連リンク

 ・ファミ通.com
 ・http://ryokutya2089.com/archives/1228

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事