『レイジングループ』amphibian氏監修のPS4向け新作ADV『最悪なる災厄人間に捧ぐ』発売日・価格、キャラクター、ストーリー情報が判明!

人狼ゲームをモチーフにした和風ホラーADV『レイジングループ』が非常に高い評価を得たケムコが贈る新作アドベンチャー『最悪なる災厄人間に捧ぐ』の発売日が8月23日、価格が3,333円であることが判明しました。また、そのほか詳細もいくつか明らかとなっています。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『最悪なる災厄人間に捧ぐ』について

  • 開発は、ノベルゲーム開発を主要事業とする山形の企業ウォーターフェニックスが担当。『レイジングループ』のシナリオを手掛けたケムコamphibian氏が監修を務める。
  • 5つの世界を自由に行き来できる透明人間にして多世界旅行者のクロ(※世界によって名前が変化)と、クロ以外の生き物を認識することができない主人公の豹馬。
  • 他人が見えない少年と、他人からは見えない少女は支え合って生き始める。しかしある日、二人に災厄が襲い掛かり平和だった日常は崩壊する。災厄は豹馬を中として発生し、逃れられない運命として立ちふさがる。抗い続ける少年はやがてひとつの決断をしてしまう…。
関連リンク

 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事