SFC『タクティクスオウガ』幻の“裏コマンド”が19年越しに発見される

1995年にスーパーファミコン向けに発売され、今なお名作として語り継がれる松野泰己氏が生み出したシミュレーションRPGの傑作『タクティクスオウガ』。

本作には、デニムに対する好意を示すゲージ「民族別カオスフレーム」を表示する“裏コマンド”が存在しています。しかし、そのコマンドを書き留めたメモが紛失してしまった為、チート以外では再現不可能とされていました。

しかし、熱狂的なファンによって、その“裏コマンド”が発見されるに至ります。そして、見事「民族別カオスフレーム」を表示することに成功したのが以下の画像です。

開発者ですら諦めていた“裏コマンド”を発見してしまうファンの情熱には驚くばかり。だって、その“裏コマンド”ってこんなにも複雑なんですよ!?

  1. 「ウォーレン・レポート」の画面を開く。
  2. 2Pコントローラーで、↑→↓←Y ↑←↓→X ↑→↓←L ↑←↓→R ↑↓↑↓B ←→←→A SELECT・SELECT・START・START AAAAAAAの順に入力する。
  3. 時間表示の一桁台が9になった時にBを入力する。

ほんと凄すぎます…。


関連リンク
 ・iNSIDE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事