『テイルズ オブ ベルセリア』は『ゼスティリア』の過去編と判明!

tob_150625 (9)

バンダイナムコエンターテインメントより2016年の発売が予定されているPS4/PS3用ソフト『テイルズ オブ ベルセリア』は、『テイルズ オブ ゼスティリア』と同じ世界を舞台にした過去の物語であることがゲーム誌のフラゲより明らかとなりました。以下、Q&Aより。

  • 本作の舞台「ウェイストランド」は、その中央にある大陸が“グリンウッド”(※ゼスティリアの舞台)と呼ばれるようになる遥か昔の世界
  • 未来とは大きく異る光景が広がっており、街や自然などの地名も未来とは完全に異なる。ただし、未来の世界を想起させるような文化や自然が見られる場所も存在しており、世界を探索をすることで、未来では語り継がれていない歴史の真実などを発見できるかもしれない。
  • 純真無垢なライフィセットは、復讐心に捕らわれたベルベットの心に光を灯していくような存在。
  • バトルシステムは、『ゼスティリア』と同様に探索からバトルへのスムーズな移行は踏襲しつつ、操作性と視界のさらなる向上を図っている。術技の発動は○/×/△/□ボタンのそれぞれに好きなものを登録することができる。
  • 術技の登録は細かく設定可能で、プレイスタイルやボタンを押す順番によって、多彩な術技を発動・連携できるようになる予定。

キーワードの情報も。

  • 「業魔病」
    人間が魔物に変貌する病気。病に冒された者の多くは狂暴化して他者を襲うが、なかには理性を保っていられる人間もいる。
  • 「業魔」
    人間が魔物に変貌した姿のこと。動物が業魔病に感染する事例も報告されている。
  • 「聖隷」
    自然の力を利用した術を扱える種族。多くは自我を持たず、人間から使い魔のごとく使役されている。仲間のライフィセットがこの種族。
  • 「緋の夜」
    緋色の月が昇る夜のこと。業魔病と何らかの関係があると言われている。

また詳細は不明ながら、本作の物語とキャラクターに深く関わるキーアイテムとして「羅針盤」「櫛」「リンゴ」という3つのアイテムが紹介されています。

最後に、本作のキャラクターデザイナーが『ゼスティリア』と同じく、いのまたむつみ氏、藤島康介氏、奥村大悟氏、岩本稔氏の4名であることも判明しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事