スクエニ野村哲也氏、初音ミクとのコラボについて「ゲーム化の可能性ある」と発言

スポンサーリンク

先日発表されたスクウェア・エニックス野村哲也氏とボーカロイド「初音ミク」のコラボレーションに関するインタビューが、ファミ通最新号に掲載されていることが明らかとなりました。(関連記事1:野村哲也氏デザインの「初音ミク」が公開!ヴィジュアルワークス制作の映像も!/関連記事2:野村哲也氏がデザインした「初音ミク」のヴァリアントプレイアーツ改 が公開

その中で野村哲也氏は、ゲーム化について「可能性はある」と明言。橋本氏と共に色々な展開をしたいと考えているとのことです。

ほか、野村哲也氏がデザインした初音ミクとアーティストがコラボする可能性については、「クリプトンさんが決めること」としたものの、「今回の絵とCGを受け入れていただけたなら、先々さまざまなプランが動くと思っている」と話し、アイデア段階の計画は色々と練っていることを伺わせています。

野村哲也氏の今後についても言及。2019年までは大体の予定が入っているそうで、来年以降発表される新たなプロジェクトにもいくつか関わっているとのこと。「今回は個人で受けた仕事の発表だったが、次はゲームの発表もしたい」とコメントしており、氏が関わる新作の発表にも期待が持てそうです。