『ファンタシースター』30周年記念タイトル『イドラ ファンタシースターサーガ』2018年配信決定!原点回帰のコマンドバトルを採用(※更新:ゲーム画面&開発者インタビュー追加)

セガは、『ファンタシースター』シリーズ30周年記念作品として、iOS/Android向けシリーズ最新作『イドラ ファンタシースターサーガ』を発表しました。2018年内にサービス開始予定。本日より登録者数の達成人数に応じて特典が豪華になる事前登録キャンペーンも開始されています。

イントロダクション

物語の舞台は、戦乱の大地「ヴァンドール」。
剣と魔法が支配するこの世界を「イドラ」と呼ばれる謎の巨大な怪物が徘徊し
人々は自らの生活を脅かすイドラと戦う日々を送っていた。

そんな中、太古の昔に封印された災神「ダークファルス」が復活の胎動を始める。

人々は、ダークファルスの復活を阻止できるのか?
そして、ダークファルスの眷属とされる「イドラ」の真の正体とは?

ティザームービー

『イドラ ファンタシースターサーガ』ティザームービー

キャラクター

ユチィ(CV:増田俊樹)


本作の主人公。幼い頃に両親を亡くし、父と旧知の仲だった船長に引き取られ船乗りとして育てられてきた。
ステラと運命的な出会いの後、白羊騎士団の遊撃隊隊長として行動を共にすることになる。
性格は大らかで、誰とでも分け隔てなく接する明るく素直な心の広い少年。

ユリィユリィユリィ

ステラ(CV:藤田茜)


巨大な怪物“イドラ”と戦う武装旅団”白羊騎士団”の当主を務める本作のヒロイン。ふだんは鉄仮面を被っている冷静沈着な少女だが、仮面を外すと、とたんにおどおどとした性格になる。

ステラステラステラ

制作スタッフ

プロデューサー/脚本・世界観作成:田中俊太郎(戦場のヴァルキュリア、エターナルアルカディガ、サクラ大戦1/2、PSO2es、PSO2)
ディレクター:陳智政(PSO2es、PSO2、戦場のヴァルキュリア1/2)
アートディレクター:陸浦昌(PSO2)

開発者インタビュー

  • 「イドラ」とは、シリーズ中で“ダークファルス”を暗示する単語のようなもの。
  • この世界では、ロウとカオスというふたつの勢力が争っており、キャッチフレーズの「運命選択」はその部分に関わっている。プレイヤーが、キャラクターたちの運命を選択できる点も特徴のひとつ。
  • シリーズファンだけでなく、新しいユーザーも遊びやすい作りを意識している。
  • 本作ならではの形で、『PSO2』や『PSO2es』との繋がりを出していけたらと考えている。
  • コマンドバトルで雑魚を倒しながらマップ上を進んでいくというスタイルを採用。シリーズの原点回帰を意識した。
  • 基本的にはソロRPGだが、複数のプレイヤーが参加できるコンテンツも用意している。
  • キャラクターや武器を入手できるガチャが有料。
  • 全てのキャラクターを最高のレアリティーまで強化できるので、好きなキャラを最後まで使い続けられる。
  • 最初は主人公ユリィだけだが、イベントで他のキャラクターを入手できる機会があるので、ガチャをしなくてもキャラは増える。
  • バトルではキャラごとに属性があり、攻撃するたびに“属性値”が上昇。その数値に応じて使える技がパワーアップしていく。
  • 必殺技やスキルなどのアクションは滑らかで、演出も派手。コマンドバトルでありながら『PSO2』の小気味良いアクションを再現しようと力を入れている。
  • キャラごとにクラスが決まっている。ロウは防御系に強いクラスが多く、カオスは火力が高いクラスが多いという傾向がある。
  • イドラ戦では、部位破壊をしてダウンさせ、コアを叩くなど、通常バトルとは異なる要素を入れている。もうひとつ大きな秘密があるが秘密。

関連リンク

『イドラ ファンタシースターサーガ』プレイヤーズサイト | SEGA
運命選択RPG『イドラ ファンタシースターサーガ』あなたが選ぶ 星の彼方の物語