Switch『Shironeko New Project(仮)』開発はエイティングが担当

コロプラがNintendo Switchで2020年に発売を予定しているアクションRPG『Shironeko New Project(仮)』。本作の開発は同社の子会社であるエイティングが担当していることが明らかとなりました。

【コロプラ決算説明会速報①】ニンテンドースイッチ版『白猫プロジェクト』の開発は子会社エイティングが担当&コンシューマゲーム開発のノウハウを活用 | Social Game Info
コロプラ<3668>は、8月8日、2018年9月期の第3四半期(10~6月)の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の馬場社長(写真)がまずは説明...

『Shironeko New Project(仮)』は、同社のスマホ向けアプリ『白猫プロジェクト』の完全新作として発表されたタイトル。浅井プロデューサーいわく、Switchの物理コントローラーやスペックを活かしてスマホでは実現できなかったことを盛り込むとのこと。そんな本作の開発を担っていることが明らかとなったエイティングは、『仮面ライダークライマックスファイターズ』や『仮面ライダーバトライド・ウォー』シリーズ、『モンスターハンター4G』などの開発実績を持っています。

関連リンク

Shironeko New Project (仮)
冒険(プロジェクト)は、もっともっと広がっていく 2020年発売予定