スポンサーリンク

『バイオハザードRE:2』ゲーム中に登場するタイプライターを再現した「タイプライター風 Bluetoothキーボード」発売決定

カプコンは、『バイオハザードRE:2』の作中に登場するタイプライターを再現した商品「BIOHAZARD RE:2×Qwerkywriter S LEXINGTON社ヴィンテージタイプライター Bluetoothキーボードicon」を2019年1月25日に発売すると発表しました。価格は81,000円(税込)です。

また、『バイオハザードRE:2』とキーボードをセットにした「BIOHAZARD RE:2 LIMITED EDITION(通常版)icon / Zバージョンicon」(価格:各税込89,424円)や、『バイオハザードRE:2 コレクターズエディション』とキーボードをセットにした「BIOHAZARD RE:2 PREMIUM EDITION(通常版)icon / Zバージョンicon」(価格:各税込107,784円)もイーカプコン限定商品として予約開始されています。

スポンサーリンク

「BIOHAZARD RE:2×Qwerkywriter S LEXINGTON社ヴィンテージタイプライター Bluetoothキーボード」について

1998年設定の作中に登場するタイプライターを、米国Qwerkytoys社とのコラボにより、スマートフォン・タブレット・PCで使えるワイヤレス「タイプライター風 Bluetoothキーボード」として再現!
部屋に置けば、そこは「最も安心できる場所」に。

Qwerkytoys社から2018年に北米を中心に発売された、日本国内未発売である新作のタイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER S」をベースに、「バイオハザード RE:2」開発T監修の、作中のタイプライターをモチーフとしたデザインが施された、特別なコラボレーションBluetoothキーボード!

本キーボードは、 『バイオハザード RE:2』の舞台でもあるラクーン市警察「R.P.D.」へ製薬会社「アンブレラ」が寄贈した「タイプライター」がモチーフとなっており、「アンブレラ」の企業ロゴと作中に登場するタイプライター製造メーカー「LEXINGTON(レキシントン)」社のロゴなどが施されています。

機能面も充実しており、タイプライターならではのカチカチとしたレトロで独特の打感が心地よく、外観デザインだけではなく、本格的に『バイオハザード RE:2』の世界に浸ることができます。また、 Enterキーの役割を果たす、タイプライターには必須の「キャリッジ・リターン・レバー(改行レバー)」もついており、特定の操作を行えば改行のみならずコピー&ペーストも可能。

さらに、キーボードの左右に付いているノブを回転させると、音量調整やページ送り(※)も出来ます。もちろんUSB充電可能なバッテリーも内蔵! 現代ではスリム化され、忘れ去られた機能を搭載したことで、タイプライターならではの感触、感覚を楽しめます。デザイン性と実用性がともなった、公式ならではの限定商品のため、この機会をお見逃しなく!
※右ノブの画面スクロール機能はiOS端末ではご利用いただけません。

関連リンク

PS4その他
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし