レア開発の名作FPS『ゴールデンアイ007』UE4によるリメイクプロジェクトが始動

任天堂が1997年に発売したNINTENDO64用ソフト『ゴールデンアイ007』。本作は映画『007 ゴールデンアイ』をレアがゲーム化した作品で、全世界累計販売本数が800万本にも及んだ大ヒット作。2011年にはEurocomが開発を手掛けたWii版も発売。日本では未発売ですが、PS3/Xbox360版のほか、n-Space開発のDS版もリリースされています。そんな『ゴールデンアイ007』をUnreal Engine 4でリメイクするプロジェクトが登場しました。

『ゴールデンアイ007』リメイクプロジェクト「GoldenEye 25」

  • ゲーム開発者 Ben Colclough氏が、『ゴールデンアイ007』をUE4でリメイクするプロジェクト「GoldenEye 25」を立ち上げた。
  • Colclough氏は、『ゴールデンアイ007』のマルチプレイヤーモードをPCのオンライン上で動作させるファンプロジェクト「GoldenEye: Source」に携わった人物。
  • このプロジェクトで『ゴールデンアイ007』がどのように生まれ変わるのかを伝えるプレビュームービーも公開されている(※以下に掲載)。
  • Colclough氏はもともと、オリジナル版『ゴールデンアイ007』をUE4に移植する予定だったが、すぐに考えを改めいちから作り直すことにした。これについては「Unreal Engine 4は多くの可能性を提供してくれています。より優れたAIや、ダイナミックな照明・音楽システムを実装することが可能になります」と述べている。
  • Colclough氏は本業である3Dアーティストの傍ら「GoldenEye 25」プロジェクトを進めるため、メンバーの増員がない限り完成は2022年頃になる予定。

「GoldenEye 25」プレビュー動画

GoldenEye 25 – Early Facility Preview
情報元:GIGAZINE